無料ブログはココログ

2020年6月26日 (金)

情報宣伝の取り組み

本年度情報宣伝部長を務めます、落合裕香と申します。
6月も終わりに近づいてきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さて今年度は新型コロナウイルスの影響で多くの行事が延期又は中止となっております。そんな状況下でも、SNSを通じて私達應援團の活動や魅力を伝えていきたいと情報宣伝部は考え、日々情報発信に務めております。
今年度は今まで通りの企画に加え、各媒体でのライブ配信や應援團のInstagram開設等、新しい試みを行いました。それらによって、慣れない環境下でも新入生の入部希望者を獲得することができたと共に「學習院大學應援團」を今まで以上に幅広い方々に知って頂けたと実感しております。
そしてSNSによって多くの方々に私達の活動を見て頂ける分、迅速に且つ適切な内容を発信する大切さに改めて気づきました。
これからもSNSを通して、今私達にできることを見つけ、それらに全力を尽くして参ります。
そして一刻も早く今まで通りの生活に戻り、新入生のみなと活動したいと心から願っております。
最後になりますが、今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しく御願い申し上げます。
情報宣伝部長 落合裕香

2020年6月22日 (月)

当たり前のありがたみ

本年度会計部長を務めます富樫春菜と申します。宜しくお願い申し上げます。
梅雨の候、梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
いよいよ6月も下旬に入り、本年も早半年が過ぎようとしています。
先日は6/21(日)は父の日でした。
こういった日をきっかけに、当たり前だと思っていたことは、実は有難いことだったのだと、大切な気持ちに気付かされるものです。 
この自粛期間を通しましても、応援団として今まで活動できていたことは当たり前ではないのだと気付かされました。
この3年間を振り返ってみますと、應援團での活動は楽しいことばかりではなく、大変なこともありました。しかしそのような経験があったからこそ自分自身、成長することができたのだと感じます。
そして、沢山の仲間と共にかけがえのない思い出を作り、充実した大学生活を送れたことは、私にとりまして何にも変えがたい財産となりました。
活動再開が待ち遠しいですが、自粛期間を通して日常の有り難みを再認識したことで、活動再開後には、よりパワーと迫力のある応援団をお見せできるのではないかと感じております。
今は只、一刻も早く事態の収束を願うばかりです。
皆様も時候不順の折、どうかご自愛専一にお過ごし下さい。
会計部長 富樫春菜

2020年6月12日 (金)

終息し再開を願って

今年度、旗手長を務めます尾野光です。
木々の緑の深みも増し、夏めいてまいりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
コロナウィルスの影響で自粛生活が続いて居ります。
応援団の活動としては各部が練習をオンライン上で行い出来ることを最大限に行っています。リーダー部の練習は主にZOOMアプリを用いた練習を行なっております。
出来ることが非常に限られて居り、満足の行く練習は出来ては居りませんが
先ずは今まで培ってきた基礎体力を落とさない事を意識した練習を心がけています。
YouTube等のコンテンツを用いて、自宅で出来る体力練習を調べ実践しています。
コロナ禍にあり満足行く活動が出来ないからこそ、時間を有意義に活用し、部員一人一人が主体性を持って考える力や、工夫を凝らす力を養えたのではないかと思って居ります。この困難に全員一丸となって立ち向かっていく事によってピンチはチャンスに変わり、私達の更なる成長に繋がると信じています。
また、今の時期は学業の方でも前期は全面的にオンライン授業を行い学部上級生も例年とは違う授業体型で苦労する場面も少なくないかと思われます。
ですが、我々学習院大学応援団は困難な状況にある人々を応援する事を目的としている為、こんな時だからこそ常に襟を正し困難に打ち勝つ姿勢を見せなければなりません。
全ての患者さんに、全ての医療従事者の方に、全ての自粛生活を余儀なくされている方のためにも、早期に終息しかつての日常が戻ることを願って止みません。
旗手長 尾野光

2020年6月 2日 (火)

活動再開を待ちわびて

本年度総務部長を務めます杉浦菜緒と申します。宜しくお願い申し上げます。
入梅の候、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
 
さて、コロナウイルスの国内での感染拡大に伴い、オール学習院の集いや新入生歓迎会、各
部の大会やコンクールなど、様々な行事の開催延期や中止が相次いでおります。また、日々
の学校での活動も依然再開の目途が立っておりません。
このような状況下で私は、今まで当たり前のように活動出来ていたことのありがたみを改
めて実感しております。
オンライン上での部活動は行っておりますが、やはり仲間と直接顔を合わせて行う活動に
は、何物にも代えがたいものがあります。また、入團を決めてくれた新入生にも未だ会えて
おらず、共に活動できる日を待ちわびております。そして何より、新入團員を迎え入れた 4
学年で第 69 代として應援團ステージを作り上げ、皆様に披露出来る日が一刻でも早く来ま
すよう、今は事態の収束を願うばかりです。
先を見通しづらい状況が続いてはおりますが、活動再開を万全の態勢で迎えられるよう、今
自分に出来ることを考え、行動していく所存です。
 
緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ予断を許さない状況が続いております。皆様も
どうか体調にはお気を付けてお過ごしください。
 
最後にはなりますが、今後とも温かいご支援、ならびにご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い
申し上げます。
 
総務部長 杉浦菜緒

2020年4月20日 (月)

今年度チアリーダー部に関しまして

本年度チアリーダー部長を務めます櫻井彩夏と申します。
宜しくお願い申し上げます。

走り梅雨に濡れ、木々の緑もいっそう深まったように感じられますが、いかがお過ごしでしょうか。
さて、本年同チアリーダー部では「Make believe」というスローガンを掲げています。
このスローガンには、部員一人一人がチームのためにやれることを考え行動していくという意味が込められています。
例年では8月下旬に行われるJapan cupにて応援団部門優勝、1月に行われる全日本学生選手権大会で応援団部門ダブル優勝という目標を掲げております。現在はコロナウイルスの影響により活動ができない中で、オンライン上により日々身体のトレーニングなどにも取り組んでいます。このような状況の中でも目標を忘れることなくチーム全体で日々個人の課題と向き合いながら練習に励んで参ります。
そして、「日本一の應援團になる」という學習院大學應援團の目標を常に忘れずに、日々の活動に取り組んで参ります。チアリーダー部として、メドレーの質を確実に向上させるために、一人一人が日々練習に励む所存です。
現在、新入生の仮入部者21名を新たに迎え入れ、オンライン上ではありますが新たな活動がスタートしております。新たな仲間と共に、より一層精進して参りますので、今後とも御指導御鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
チアリーダー部長 櫻井彩夏

2020年3月30日 (月)

本年度吹奏楽部長よりご挨拶

本年度吹奏楽部長を務めます西村奈々子と申します。
宜しく御願い申し上げます。
東京では桜のつぼみもふっくらと、春色のにわかに深まりを感じる頃となって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、本年度吹奏楽部は「一心一登(いっしんいっと)」というスローガンを掲げ、日々練習に励んでおります。
このスローガンには、部員同士の繋がりをより強固にし、同じ目標に向かって一歩一歩登っていくという意味が込められています。
八月に行われる東京都大学吹奏楽コンクールでは、金賞を獲得、そして東京都大会への出場を目標にしております。現在は、一人一人が自身の基礎力と向き合いながら、バンド全体の強さへと貢献できるよう日々精進しております。
また、十二月の定期演奏会では「部員全員で作り上げる演奏会の実現」を目指し、よりお客様に部員1人1人の想いが伝わる演奏会にできるよう企画を進めて参ります。
そして、何事に於いても學習院大學應援團の團員として『日本一の應援團になる』という目標を常に胸に留め、日々の活動に取り組んでいく所存です。應援團全体を支える力強い演奏ができるよう、一人一人が團員としての自覚・誇りを持ち、日々練習に励んで参ります。
四月には新入生を迎え、新たな仲間との活動がスタートします。新たな仲間と共に、より一層意欲的に目標に向かって取り組んで参りますので、今後とも御指導御鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

吹奏楽部長 西村奈々子

2020年3月28日 (土)

新入生歓迎に向けて

押忍。本年度リーダー部長を務めます酒井です。
東京都の桜の花が満開を迎えました。特に目白の杜、学習院の桜は綺麗に咲き誇っています。皆様いかがお過ごしでしょうか。
コロナウィルスの影響で様々なイベントが中止や延期となってる今日、学習院大学も卒業式と入学式が中止になりました。感染を防ぐ為とはいえ心寂しく感じて居ります。
應援團としても、学内の施設が使用禁止となり、大学での練習が行えていない状況です。この様な異例な状況の中、我々が出来る事は限られてきますが、変わらず出来る事を全力で行い、新入生を迎える準備を整えて参ります。
話は変わりますが、国公立大学の後期日程の結果発表も軒並み終わり、入学試験の合否も出揃ったのでは無いでしょうか。ここで新入生へ向けたメッセージを記させて頂きます。
学習院大学に入学する新入生の皆さん、入学おめでとうございます。受験勉強大変お疲れ様でした。学習院大学は自分のやってみたい事を全力でやれる環境が整っているとても良い大学です。
そして、我々應援團は新入團員を募集しております。
應援團での四年間で出会える仲間、経験はかけがえの無い財産となります。
ここでの四年間は絶対に無駄にならない事を我々が保証します。
我々と共に華の四年間を過ごしてみませんか?
リーダー部長
酒井勇太

2020年3月25日 (水)

今年度吹奏楽部につきまして

本年度吹奏楽部長を務めます西村奈々子と申します。
宜しく御願い申し上げます。

東京では桜のつぼみもふっくらと、春色のにわかに深まりを感じる頃となって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、本年度吹奏楽部は「一心一登(いっしんいっと)」というスローガンを掲げ、日々練習に励んでおります。

このスローガンには、部員同士の繋がりをより強固にし、同じ目標に向かって一歩一歩登っていくという意味が込められています。

八月に行われる東京都大学吹奏楽コンクールでは、金賞を獲得、そして東京都大会への出場を目標にしております。現在は、一人一人が自身の基礎力と向き合いながら、バンド全体の強さへと貢献できるよう日々精進しております。
また、十二月の定期演奏会では「部員全員で作り上げる演奏会の実現」を目指し、よりお客様に部員11人の想いが伝わる演奏会にできるよう企画を進めて参ります。

そして、何事に於いても學習院大學應援團の團員として『日本一の應援團になる』という目標を常に胸に留め、日々の活動に取り組んでいく所存です。應援團全体を支える力強い演奏ができるよう、一人一人が團員としての自覚・誇りを持ち、日々練習に励んで参ります。

四月には新入生を迎え、新たな仲間との活動がスタートします。新たな仲間と共に、より一層意欲的に目標に向かって取り組んで参りますので、今後とも御指導御鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。


吹奏楽部長 西村奈々子

2020年3月20日 (金)

應援團ミーティングを行いました。

本年度幹事長を務めます成瀬優美香と申します。宜しくお願い致します。
桜の便りも聞かれるようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。東京では、三月末に桜が見頃を迎えると発表されました。大学内ももうすぐ桜一色になると思うと楽しみですね。
さて、私たちは先日の團員総会と同日に、應援團ミーティングを行いました。私たち學習院大學應援團は、昨年度から「十年後に日本一の應援團になる」という目標を掲げ、日々練習に励んでいます。この應援團ミーティングは定期的に開催しており、日本一の應援團となるために為すべきことを團員全員で議論します。今回は、六十九代に代替わりをして初めての会議ということで、日本一の應援團の定義付けと、それを踏まえ六十九代としての目標を定めることを目的とし、話し合いを行いました。今年から導入した三部合同の縦割りの班でそれぞれ話し合いましたが、どの班でも上級生、下級生問わず積極的に発言し、非常に活発な議論が行われておりました。「三部一体感の向上」「主体性の向上」「應援團といえば学習院と認識してもらう」など様々な意見が挙がり、これらを踏まえた目標を掲げ、一年間活動していく所存です。
四月には新入生を迎え、新体制での活動がスタートします。そのため、より一層一人一人が自覚を持って練習に励み、精進していきますので、温かく見守っていただけますと幸いです。今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。

2020年3月 8日 (日)

團員総会

本年度副團長を務めます長崎駿と申します。
宜しく御願い申し上げます。

梅のさわやかな香りが漂うこの頃、皆様におかれましては、ご健勝にお過ごしのことと存じます。

さて、私たちは先日團員総会を行いました。第六十九代應援團、各部、各部署の一年間の方針を團員に共有致しました。
昨年を振り返り、今年の方針を決定致しました。
第六十九代は「磨(みがく)」をスローガンとして掲げました。
このスローガンには三つの意味があります。
一つ目は「自己の成長を実現する」です。
自分自身を今一度見つめ直し、現状に満足することなく高みを目指します。練習や團活動において技術面、演技面、演奏面を向上させると共に、精神面や礼儀面において更なる磨きをかけます。
二つ目は「基盤を向上させて新たなものを生み出す」です。
歴代の先輩方が創り上げ、繋ぎ、調えた基盤を更に磨きます。先輩方の想いを受け継ぎながらも、自分達が重要であると考える事柄に重きを置き、第六十九代にしか出来ないことを常に模索して実行に移します。その中で、一人一人が主体的に活動に取り組み、新たなものを生み出して参ります。
三つ目は「團員全員が気持ちを一つにする」です。
三部の関係をより密なものにし、絆を磨きます。縦割りの班を作り、團行事における連携と私生活における縦横斜めの交流の場を多くします。関係を深めることで下級生からの積極的な発信を促し、学年を問わず團員全員が同じ気持ちとなって一つの目標に向かって参ります。

以上三点に注力し、第六十九代を確立させ、第七十代以降により磨き上げられた應援團を継承して参ります。

また、四月の来たる新入生歓迎期間に向けて、團員一同精進して参りますので、御指導御鞭撻の程、宜しく御願い申し上げます。

副團長
長崎駿

«リーダースキャンプ