無料ブログはココログ

« 2020年7月 | トップページ

2020年8月

2020年8月13日 (木)

小さな幸せ

本年度吹奏楽副部長兼総務副部長を務めます八巻萌佳と申します。宜しくお願い申し上げます。
立秋とは名ばかりで猛暑が続いておりますが、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
やりたい事や成し遂げたい事も沢山ありますが思い通りにいかない日々が続き、やるせない気持ちが募ります。しかし、このような時こそ明るく前向きに、少しでも毎日を楽しく過ごせないかと試行錯誤しながら生活していく必要があると思います。皆様におかれましても、様々な工夫をして生活されているのではないでしょうか。
私が最近心がけていることは、小さな幸せを見つけて生活することです。
家で過ごす時間が多くなったので、家族との時間が増えました。1日に3回同じ時間に食事をとれることや何気ない会話に幸せを感じています。
そして何より、ZOOMを使用して行う週3回の部活動や、今後の方針に関する同期とのリモートミーティングなどで、この状況下でも仲間と繋がれていることに喜びを感じます。仲間の存在、そして仲間と時間を共有できることの幸せを噛み締めています。
この環境下でも関係性は何も変わらず、同期や後輩の誕生日をお祝いできたり、笑い合うことができるので、マイナスなことだらけではないと感じています。
この機会をプラスに受け止め、今後も小さな幸せを見つけながら生活していきたいと考えています。
そして、胸を張って卒團できるよう、今出来ることに精一杯取り組んで参りたいと思います。

吹奏楽副部長兼総務副部長 八巻萌佳

2020年8月 5日 (水)

長引く自粛期間を通して

本年度吹奏楽副部長を務めます設楽睦生と申します。宜しくお願い申し上げます。
今年の夏はマスクの着用やこまめな換気が必要になり、例年以上の厳しい暑さに耐えなくてはならないと思います。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私は先日、仮入部の新入生に向けて少しでも應援團の普段の活動を知ってもらう為に、簡単な動画を作成する機会がありました。動画を作成する過程で様々なステージや応援を改めて見返し、普段の活動を思い返すことができました。

そこでは應援團のステージや応援活動など、恵まれた環境下で活動できていたことを再認識しました。
それと同時に、いままで受け継いできた伝統をいまいる後輩や、新たに入團入部をしてくる新入生に、どの様にして伝えていくかを考えさせられました。

活動自粛期間が長引き、なかなか思うように活動できない日々が続きますが、いま一度立ち止まって、いままでの應援團の活動や、あり方について改めて考えることができる貴重な期間でもあるとも捉えられます。
この期間に團員一人一人が少しでも應援團について考えを深めることで、活動再開後は日本一へ近づいた應援團になっていることと思います。

最後にはなりますが、まだまだ感染者の増加など予断を許さぬ状況が続いております。その状況下においても團員一同、今できること精一杯こなしながら活動再開に向けて準備を進めております。つきましては今後ともご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

吹奏楽副部長 設楽睦生

« 2020年7月 | トップページ