無料ブログはココログ

« 自粛中に感じた温かさ | トップページ | 長引く自粛期間を通して »

2020年7月24日 (金)

今できることを確実に

本年度副幹事長を務めます森川直紀と申します。宜しく御願い申し上げます。
酷暑の候、ますますご健勝にお過ごしのことと存じます。
7月も終盤に差し掛かり、日ごとに暑さが加わって参りますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年度は新型コロナウイルスの影響で思うように活動が出来ず、もどかしさは募るばかりです。今の時期は、本来であれば各部それぞれがコンクールや大会に向けて、そして後期活動に向けて練習に励む重要な時期であります。恐らく、他の団体も私たちと同様に、思うように動けない中工夫を凝らして練習に励んでいることと思います。
私たちは先日、應援團全体でミーティングを行いました。対面での活動が出来ない中、過去のリーダー公開の動画を振り返り、オンライン上で意見交換を致しました。私は動画を見ながら、これまで先輩方が築き上げて下さった伝統を、新型コロナウイルスを理由にパワーダウンさせてはいけないと強く感じました。このような時期だからこそ改めて基礎に立ち返り目の前の課題に真剣に向き合うことが重要になります。そして、再び日常を取り戻した暁には、今まで以上に力をつけた状態で皆様の前に戻って参ります。
現在東京都の感染者数は増加傾向にあり、まだまだ先行きの見えない状態ではありますが、再び学習院の桜の下に集える日を心待ちにして一日も早い収束を願っております。皆様もくれぐれもご自愛ください。
最後にはなりますが、今後も新たな仲間と共により一層精進して参りますので、ご指導ご鞭撻のほど宜しく御願い申し上げます。
副幹事長 森川直紀

« 自粛中に感じた温かさ | トップページ | 長引く自粛期間を通して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自粛中に感じた温かさ | トップページ | 長引く自粛期間を通して »