無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ

2019年9月

2019年9月30日 (月)

68代の秋について

本年度、吹奏楽副部長兼会計副部長を務めております、大森香恋と申します。宜しくお願い致します。


天高く馬肥ゆる季節となりました。皆様はこの秋をどの様にお過ごしでしょうか。


私は最近、学校へ行く道で金木犀の香りに鼻をくすぐられる様になり、秋も深まりつつあると感じる今日この頃です。


さて、私達學習院大學應援團は、後期に行われるイベントへ向けて練習に励んでおります。


先日、第49回チャリティーショー『クローバーの集い』が開催されました。

成蹊大学、武蔵大学、成城大学の迫力を凌駕する演技が出来たと思います。

これらの三大学とは、10月18日より行われる第70回四大学運動競技大会で再び交流がありますので、その際にも他の追随を許さない、絶対に勝たせる応援をしていきます。


今期は第68代の更なる発展を目指し、桜凛祭や全日本学生応援団連盟本部記念祭へ向けて、精進して参ります。

イベントの詳細は弊團のブログやTwitter等のSNSで詳細を発信しておりますので、気になるものがありましたら、足をお運び頂けますと幸いです。


最後にはなりますが、日毎の温度差が激しく、体調を崩しやすい時期ですので、体調には充分に気を付けてこの秋を過ごして行こうと思います。


今後とも、御指導御鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。


吹奏楽副部長兼会計副部長   大森香恋

2019年9月19日 (木)

夏の活動を終えて

本年度、総務副部長兼管理副部長を務めさせております、林 自由と申します。

虫の音にも秋の訪れを感じる頃となりました。皆様、ますます実りの季節を迎えていらっしゃることと存じます。

早いもので、チアリーダー部の大会や吹奏楽部のコンクールといった各部の行事や三部合宿、イベントが盛りだくさんの夏は怒濤の勢いで過ぎ去りました。

これらを終えた団員は、またひとつ殻を脱ぎ捨て大きくなっていると思います。

とくに、すべての行事が「初めて」の連続である1年生は、顔つきから変わっているのではないでしょうか。

今までは練習ばかりであった演技も、実際にステージで披露することで、自らも學習院大學應援團のいち演者だと改めて実感したことと思います。

秋も大きな行事が続きます。間近にはチャリティーショーを控え、後期の活動が本格化して参りました。

真新しい團バッチを輝かせ、ひと皮剥けた頼もしい1年生の勇姿を、後期のステージでぜひご覧下さい。



総務副部長兼管理副部長 林 自由

三部合宿を終えて

本年度総務副部長を務めております、岸本早紀と申します。


さわやかな秋晴の季節となりました。

8月31日~9月2日までの2泊3日の夏期三部合宿を終え、後期應援團活動の新たなスタートを無事に迎えることが出来ました。

この合宿では、全團員が改めて学習院大學應援團の一員であるというプライドをもち、責任をもって練習に臨むことが出来たのではないかと思います。

初日・2日目と三部で協力し合い、一致団結して練習に励んで参りました。

最終日には、香貫小学校と原東小学校においてステージを行いました。合宿の練習の成果を存分に発揮することが出来、どのステージも思い出に残るステージとなりました。

スタンツ体験で元気ハツラツの小学生とふれ合い、パワーをもらうことが出来ました。

4年間、小学校でのステージに参加をしてきましたが、今回で最後であると思うと寂しさを感じました。

ステージを見た小学生たちが、いつか應援團に入りたい!という気持ちを抱くことに、少しでも力を貸すことが出来たのならば、とても嬉しいです。

最後になりましたが、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

吹奏楽部の夏

本年度、副幹事長兼総務副部長を務めております、西澤紫葉と申します。

厳しい残暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


吹奏楽部は、8月18日に東京都大学吹奏楽コンクールに出場し、銀賞を受賞いたしました。

「金賞受賞・都大会出場」という目標を掲げていましたが、惜しくも達成することができませんでした。

今年度の当部のスローガンである「革新」のもと、新しい練習方法を取り入れるなどし、この日に向けて精進して参りました。

思うような結果は残せませんでしたが、私達はコンクールを通して確実に技術を高めることができました。今後、更に磨きをかけて後期の活動にて発揮して参ります。

この度は、多大なるご声援やご指導を頂きまして誠にありがとうございました。


さて、後期は應援團三部での活動が数多くございます。夏の間に各部が養った力を合わせ、三部一体となった演技を披露いたしますので、ご期待いただければと存じます。

お時間がございましたら、是非リーダー公開や応援活動などにお越しいただけますと幸いです。


今後とも変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。


副幹事長兼総務副部長 西澤紫葉

« 2019年7月 | トップページ