無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月28日 (木)

同じ目標に向かって

本年度副團長を務めます平倉佳奈と申します。
立春とはまだ名ばかりの寒さですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日、平成31年度前期團員総会にて、第六十八代の應援團、各部、各部署の方針を共有致しました。
私達第六十八代は「調(ととのえる)」をスローガンとして掲げました。
このスローガンには二つの意味があります。
一つ目が「基礎を調え圧倒する」です。この一年で學習院大學應援團にないものを学び取り、また、學習院大學應援團にしかない唯一無二の強みを伸ばします。これを継続して行うことにより學習院大學應援團の基礎を根底から調えて参ります。
もう一つは、「三部を調える」です。
三部の垣根を超え、意見交換やコミュニケーションの場を作ることにより團員同士の信頼関係を構築します。その為に今年度は、他部の活動を積極的に見に行くなど、例年よりも三部の交流を深める機会を増やしていく所存です。
基礎を調えた体制を基盤として、學習院大學應援團の強みである三部一体をより強固に、発展さます。
また、第68代は、「10年間で日本一の應援團になる」と言う目標の下、一年間活動して参ります。私自身、團員総会や、話し合いを通して目標を達成するために「自ら考え、行動する」ということがとても重要だと改めて感じました。團員一人一人が同じ目標に向かって「今すべきことは何か」を常に考えながら動くことで、さらに強い組織になれると考えます。目標を共有するという意味でも、有意義な團員総会になったと思います。
三月には三部合宿があり、また、四月の来たる新入生歓迎期間に向けて、團員一同、精進して参りますので、ご指導、ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

副團長 平倉佳奈

2019年2月15日 (金)

幹部交代を終えて

本年度副團長を務めます、楠田健介と申します。

立春とはいえ寒さまだ去りやらぬ日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

學習院大學應援團は1月12日(土)に行われました幹部交代式を経て、第67代から第68代に代替わりを致しました。
第67代の先輩方からのバトンをしっかりと受け継ぎ、気持ちを新たにしつつ、幹部としての自覚と責任を持ち、活動に取り組んで参ります。

先日2月9日(土)、第68代として初めての行事となる、バレンタイン献血を行いました。
雪が降りしきる中でのリーダー公開となりました。しかし、沢山の御助力を賜り、あいにくの天気にも関わらず、多くの方々が足を止め、我々のリーダー公開をご覧頂くことができました。
第68代として勢いのあるスタートを切ることができました。このスタートを基礎に、更に勢いを増す姿勢で活動に取り組んで参ります。

今年が應援團として最後の1年となります。悔いの残らぬよう、全力で精進して参りますので、御指導御鞭撻の程、何卒宜しく御願い申し上げます。

暦の上に春は立ちながら、厳寒の折で御座います。何卒御自愛専一にて御願い申し上げます。

副團長 楠田健介

« 2018年12月 | トップページ | 2019年3月 »