無料ブログはココログ

« 幹部交代を終えて | トップページ | 春合宿 »

2018年2月28日 (水)

思いを新たに

本年度幹事長を務めます、三浦早紀子と申します。
残寒の中にも、春の気配が感じられる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、平成30年度前期團員総会にて第67代の應援團、各部、各部署の方針が承認されました。
第67代は、「繋(つなぐ)」というスローガンを掲げ、活動して参ります。
今年、私たちは節目となる第70代を新入生として迎えます。そのため、第67代は學習院大學應援團がより繁栄するために極めて重要な代であると考えます。その中で、伝統を継承し、未来へと繋ぐ代としたいという思いを込めました。學習院大學應援團の歴史や未来との繋がり、現在の團内における縦、横、斜めの繋がり、そして運動部、私たちの演技を見てくださる方々など、私たちに関わってくださる全ての方々との繋がりを大切にしながら真摯に活動して参ります。
私たちの強みの一つはリーダー部、チアリーダー部、吹奏楽部の三部で活動していることです。その三部の「繋がり」をより強固にするには、互いの理解を深めなければならないと思います。繋がりは勝手に深まるものではありません。團員一人一人が積極的に他部や他学年と関わることで今年のスローガンは体現されます。
私は吹奏楽部に所属しておりますが、吹奏楽部のみならず、リーダー部やチアリーダー部の同期や後輩と接する中で、個々の頑張りや様々な一面を知れば知るほど、私たちが三部で活動している魅力を感じます。各部がもつ価値観は多少差異もあります。その壁を乗り越え、應援團として団結するために、徹底的に話し合い、互いに尊重しながらこの一年間活動していきたいと思います。人数が多い団体だからこそ、團員一人一人と根気強く向き合い、全員が輝けるような應援團を作り上げていきたいです。

話は変わりますが、先日、運動部常任委員会主催のリーダースキャンプに團長、チアリーダー部長と共に参加致しました。リーダースキャンプは、各運動部の主将主務が集い親睦を深めるために開催されています。交流する中で、主将主務誰もが各部のことを第一に考え行動する姿を見て、私はひたすらに「応援したい」と感じました。私は彼ら、彼女らを応援できる「應援團」であることを嬉しく、また誇りに思います。競技の性質上、なかなか応援に行けない部活動も多くあります。しかしながら、たとえ駆けつけることができなくとも、目標に向かい全力で取り組む選手を応援したいという気持ちに変わりはありません。どんな状況でも私たちは選手の味方であり、勇気づける存在でありたいと強く思いました。選手の力になれるよう、思いを新たに精進して参ります。

幹事長 三浦早紀子

« 幹部交代を終えて | トップページ | 春合宿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020380/73013369

この記事へのトラックバック一覧です: 思いを新たに:

« 幹部交代を終えて | トップページ | 春合宿 »