無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017年12月30日 (土)

一年を振り返って

押忍。第六十六代團長の野呂貞倫です。

今年もあと僅かとなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

我々第六十六代も大半の行事を終え、残り僅かとなりました。

この一年は下級生までとは違ってとても新鮮な一年となりました。
下級生の前では隠していましたが、嬉し涙、悔し涙をすることが多かったです。
特に今年は逆風の中での四大戦や、硬式野球部三部優勝による明治神宮球場で行われた入替戦等いつもと違った状況、環境でやることが多くなりました。

特にこの2つを通じて、勝利に対する喜び、負けたことに対する悔しさというものを涙が止まらない程感じ、応援することの使命感、応援できることの喜びを再認識しました。
常に真剣に臨んできたつもりでしたが、馴染みの運動部や連戦連勝している状況ですとそういったことに対する感情が学年が上になるにつれ恥ずかしながら薄れていってしまっていました。

応援に限らずリーダー公開では、下級生の頃とは違い、始まりから終わった後まで全ての責任を負う学年になり、大きなプレッシャーがかかったり、人生最後の行事かと思ったりすると、非常に感慨深いものがあり、これもまたどういう訳か終わった後、涙することが多々ありました。

また、幹部になってからこの1年間を振り返り、こうすれば、ああすればよかった、と思うことが非常に多くなりました。しかし、幹部の一年はもう二度と来ない訳で後輩に託さなければなりません。上手くいったこと、反省すべきことを惜しみなく全て引き継ぎ、後輩には我々の代より素晴らしく、悔いのない一年を過ごして欲しいです。

全てに満足の行く一年であったという訳ではありませんが、泣ける程熱くなれた一年であり、それは幸せなことだったと思います。
ぜひ後輩には「泣ける程熱くなれ」と伝えたいです。嬉し涙、悔し涙を流し私よりも何倍も濃い一年を送って欲しいです。

そして、最後になりますが幹部交代式までまだ日数はございます。
ここからは、後輩に反省、経験、技術全てを引き継ぎ、次の六十七代が学習院全体を大いに盛り上げられる様に尽力したいと思います。


團長 野呂貞倫

2017年12月10日 (日)

脇役の誇り


押忍。
第66代學習院大學應援團副團長兼旗手長の大木です。

この1年間で2回も更新の機会を頂けた事、非常に嬉しく思います。

私自身、更新の度にこのブログを拝見しては幹部1人1人の抱く思いというのを確認し、参考にできる事、勉強になる事、多々御座いました。

そして最後にこのブログの1ファンである私が述べる事が出来るのは、私が拝命した2つの役職は非常に誇り高いものであったということです。

學習院大學應援團は全員が主役、と私はこれまで多くの先輩方から伝えられ、下級生時代は常に自分が應援團の主役であると意識して過ごして来ました。

しかしこの1年、私は主役である事を辞め、脇役に徹しました。

副團長兼旗手長という役職は主役であってはならない。

副團長は團員1人1人の引き立て役、補佐役であり、旗手長は応援、リーダー公開で掲げる團旗の引き立て役です。

何かの仕事に中心になって取り組みたい、團員達と一緒に応援で盛り上がりたい、リーダー公開の前の円陣に参加したい。

今まで当たり前に貰えていた充実感、楽しさが幹部になってからの自分にはありませんでした。

そんな自分の支えとなっていたのは、僅かにいた自分の掲げる團旗を見てくれる人達、そして唯一自分にしか出来ない仕事であるという事の誇りでした。

リーダー公開の後に團旗良かったよと言ってくれる先輩方、自分が團旗を揚げたらすぐにカメラを構えて写真を撮り、送ってくれる情報宣伝部の人達。

そしてリーダー幹部の同期。

このような人達に囲まれていたからこそ、私は何度だって何時間だって團旗を掲げる事ができました。

學習院大學應援團の團旗に貴賎は御座いませんが、その中でも日本一立派で荘厳で雄大な大團旗が第66代では揚がっていたと私は胸を張る事ができます。

自分にとってこれ以上なく誇り高い役職を任命してくれた第65代の先輩方には感謝しか御座いません。


さて、引退まであと僅かとなりましたが、私の残された仕事は後輩達に私が学んだ全てを伝え、次の代へのバトンを渡す事です。

更なる學習院大學應援團の発展の為、残りの應援團生活を全力で過ごして参りたいと存じます。


副團長兼旗手長 大木

« 2017年11月 | トップページ