無料ブログはココログ

« 応援団のバッチを胸に | トップページ | 合同運動会を終えて »

2017年9月30日 (土)

チャリティーショーを終えて

本年度 吹奏楽副部長兼会計副部長を務めております、會川彩恵と申します。


朝夕は日ごとに涼しく、過ごしやすくなりました。
体育の日も近づき、スポーツ日和、応援日和となっています。

9月10日、16日での女子ラクロス応援では部員一人一人が声を出して応援する姿に、合宿での後期応援活動に向けて行った練習の成果が出ていると実感できました。

9月24日には第47回チャリティーショー『クローバーの集い』を成城大學應援團、成蹊大學應援指導部、武藏大學應援團と共に催しました。今年は熊本地震で被災された方々に向けての応援と募金となりました。被災地である熊本へは距離があり、なかなか実際に被災された方へ応援を届けることは難しいです。

しかし、こういったチャリティーショーを催すことで熊本へのエールを知って頂いたり、チャリティーショーに来てくださった方々に関心を持って頂いたりして、遠回りではありますが応援を届けられると思っています。

私自身力になりたいと願いながら演技に取り組みました。

この『クローバーの集い』では協力してショーを企画していた四大学ですが、四大学運動競技会ではそれぞれの大学を応援する立場となり、敵対する関係になります。チャリティーショーで力を合わせた経験から、互いを尊重し合うような応援活動ができればと思っております。

この先本格的に秋の応援行事を迎えますが、1つ1つを丁寧に、三部合宿や三部練習での成果を無駄にせず、完成度の高い応援や演技を目指していきます。

吹奏楽副部長兼会計副部長 會川彩恵

« 応援団のバッチを胸に | トップページ | 合同運動会を終えて »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020380/71852147

この記事へのトラックバック一覧です: チャリティーショーを終えて:

« 応援団のバッチを胸に | トップページ | 合同運動会を終えて »