無料ブログはココログ

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

夏の活動を終えて

今年度チアリーダー部副部長を務めさせて頂いております、田中理紗です。

暑い夏も終わりに近づき、明日からは9月になります。
後期は応援活動も本格的になり、ステージも増え、楽しい季節が始まります。


チアリーダー部は先日、JAPAN CUP2016日本選手権大会を終えました。
この場を借りて結果を報告させていただきます。

フライデー 188.0点
準決勝 192.0点(13位)

結果としては、決勝に進むことは出来ませんでしたが、SPARKS一丸となって臨んだこの夏で部員の一体感が生まれたと感じております。
さらに成長していけるように頑張りたいと思います。

私事ですが、今年の夏はチームのキャプテンとして、活動して参りました。その中で、チームの心を1つにする難しさや、気持ちの伝わる演技をすることの難しさに直面致しました。
團行事においても、團員の心を1つにするのはもちろん、応援する選手の方々と心を1つにすること、また見ている方々に気持ちを届ける演技をすることはとても大切だと考えております。

ですので、この夏で学んだことを團活動に活かして、さらなる三部一体を目指し、迫力ある應援團を作っていきたいと思います。
成長した各部がひとつになった應援團をお見せできるように頑張ります。


はやいもので、幹部になってから7ヶ月が過ぎました。
ひとつひとつのイベントが終わってしまうのはとても寂しいです。
一瞬一瞬を大切に、残りの活動を悔いのないよう全力で取り組みたいと思います。

2016年8月26日 (金)

後期に向けて

本年度副幹事長を務めております小原菜月と申します。
 
暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 
私たちは現在、三部での練習も勿論ですが各部での練習に励んでおります。チアリーダー部はJAPAN CUPに向けて、吹奏楽部はコンクールに向けて全力を尽くして頑張っています。

チアリーダー部は8月にサマーキャンプとチーム合宿の2つの合宿をしてきました。

合宿では部員一同、技術や練習内容も重要ですが、何より笑顔で元気にチームの心をひとつにすることが重要だと学びました。

これは応援団活動にも生かすことができると感じております。
 
8月末に大会やコンクールが終わると、私たちは“応援シーズン”に突入します。
 私自身、一回生のころより応援係として応援に積極的に参加してきました。
これまでの応援活動でも、団員が選手と心をひとつにし、応援することの重要性を学んで参りました。
このように夏の各部の活動により、成長したものを応援団活動に生かして参りたいと思います。

幹部になり、一つ一つの行事が最後だと思うと毎回寂しく感じますが、一つ一つ大切にして向き合って参ります。
 
応援につきましても、お時間がございましたら、是非お越しください。
私たちとともに学習院の勝利に向けて応援しましょう!

2016年8月18日 (木)

後期活動

本年度、副幹事長を務めております高瀬知晃と申します。

8月に入り、暑さも厳しさを増してきました。また私達應援團も、前期の活動が終了し、後期の活動が始まりました。

私自身、前期の活動を振り返ると、昨年とは違った心持ちの中、活動していたような気がします。

私は幹部になり、
『後悔だけはしないようにする』
という目標をたてました。

その結果、新入生歓迎ステージ、野球応援など様々な活動がある中で、純粋に楽しみ、そして頑張ろうとしている自分がいました。
恐らく、最高学年となり團全体や後輩達を引っ張っていけるようにする、また團員として最後の活動になるため全力でそして楽しくやる
後悔はしないようにするために、生まれたこの二つの気持ちが、私をそのようにしたのだと思います。


後期は行事も多く、体が疲弊し辛くなる時期になります。
しかし、試合に出られる選手も同じような状態であり、ステージを観にいらっしゃるお客様も、貴重な時間を自分達のために割いて頂いているということを團員は自覚しなければなりません。

私達の応援を必要としている選手、そして演技を期待して観に来て頂くお客様、そして團員と、応援や演技に関わる全ての人々が『後悔しない』よう團全体で、後期の間活動していければと思います。

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »