無料ブログはココログ

« 吹奏楽コンクールを終えて | トップページ | JAPANCUP2015日本選手権大会のご報告 »

2015年8月31日 (月)

勇気

今年度、副団長を務めております、山口未音と申します。

 

まだまだ猛暑が続く中、夕暮れの風の冷たさに夏の終わりを予感させるこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回は団訓の一つであります、「勇気」について書かせていただきます。

 

學習院大學應援團にとって、この「勇気」とはどういう意味を持つのでしょうか。

私は「勇気」が応援団にとって常に持たなければいけない心だと感じます。

周りとは違うことをする、団体の中で自分の意見を言う、電車で席を譲る、そして大きな声を出して応援する、これも勇気なのです。

私たちが勇気を持ち、応援し、それが相手に伝わった時、「勇気付ける」ことができると思います。

応援する相手がどんな困難な状況でも、我々は勇気を持ち続け声援を送り続ける、応援団とはそんな存在だと感じました。

だからこそ、応援は人の心を動かし、時には力を与えることができるのです。

 

多くの可能性を持った応援ですが、応援団からの一方通行では意味がありません。大事なのは、応援を通して気持ちが相手に「伝わる」ことです。

これは私達にとって永遠の課題であると感じます。いつも、自己満足になっているのではないかと考えてしまいます。

しかし、応援の練習では、応援「される」側の気持ちも体験するため、自らが選手となったリレーを行ったり、実戦で応援した選手の声を聞いたり、応援毎に団員一人ひとり反省する機会を設けたりと、決して現状に満足することなく、常により良いものを目指して努力しています。

この姿勢を持ち続けることで、選手に伝わる応援に近づけるのではないかと思います。

 

「勇気」についてもう一つ、これを持つことは、自分が學習院大學應援團の一員であると、誇りを持つことと通づると思います。學習院大學應援團の副団長を務めさせていただいていること、改めてその重さを自覚し、自らが誇りを持って活動して参ります。そして、下級生には學習院大學應援團の一員だと大きな声で言えるように誇りを持ってもらいたい、そしてそう思ってもらえるように幹部が姿を示したいと思います。

 

現在各部、練習に励む毎日を過ごしております。9月に行われる三部での夏合宿では、コンクールや大会、厳しい練習を乗り越え、一回りも二回りも成長した姿を見せてくれることを期待しています。

 

失礼します。

« 吹奏楽コンクールを終えて | トップページ | JAPANCUP2015日本選手権大会のご報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勇気:

« 吹奏楽コンクールを終えて | トップページ | JAPANCUP2015日本選手権大会のご報告 »