無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

本音で向き合うこと

こんにちは。吹奏楽部長の田邊優美子です。

昨日私達はアイスホッケー応援に行って参りました。
今年度応援に行った試合は、これで計16試合となります。引退試合や入れ替え戦等、大事な場面で依頼を頂き、大変光栄に思います。
来年度は更に応援活動に磨きをかけ、学習院を盛り上げる存在となるべく努力していきたいと思います。

私がこの4年間の應援團活動で学んだことは「コミュニケーションの大切さ」です。
この1年間、吹奏楽部長・応援係長として、沢山の後輩達と接してきましたが、心を開いてもらうことはとても難しく、私の伝えたいことをうまく伝えるのにも苦労しました。
しかし、それでも根気よく後輩と向き合い続けることによって見えてくる本音もあり、そこから私が後輩の為に出来ることを一つ一つ探していくことで、想いを一つに日々の活動に励むことが出来たと思っています。

今年度の活動も残りわずかですが、今後も後輩とのコミュニケーションを密にとり、残された行事に向けて共に努力して参ります。
そして私の卒團後も後輩達が輝けるよう、残された日々で私に出来ることを、精一杯していこうと思います。

2014年11月26日 (水)

應援團としての大学生活

ごきげんよう。
総務副部長兼会計副部長の會田恵美です。

11月も終盤に差し掛かり、今年も残すところあと1ヶ月となってしまいました。
4年間過ごした應援團生活ももうすぐ終わってしまうと思うと、とても寂しく思います。
入團したての1年生の頃は、不慣れな團のルールやマナーに、毎日戸惑ってばかりでした。徹底した挨拶や時間厳守の三部集合など、今ではごく自然にこなす事も、当時1年生だった私にとっては、なかなか理解出来ず、團の厳しさを身をもって経験した出来事のひとつでした。
しかし、幹部となった今では、その團のルールや規律が、人として私を大きく成長させてくれたと感じます。
卒團をして社会に出ても、應援團として活動していたことを誇りに、また應援團で培ったことを活かして躍進していきたいと思います。

學習院大學應援團チアリーダー部として過ごしている大学4年間は、私の22年の人生の中で最も充実した4年間です。


そんな應援團としての活動も今月27日(木)のアイスホッケー応援と連盟祭の2回のみとなってしまいました。
應援團の一員として過ごす貴重な時間を今後も1日1日大切に過ごしていきたいと思います。

2014年11月22日 (土)

前向きに楽しむこと

こんにちは。
管理部長兼副幹事長の安達紘子です。

先日、今年度最後の三部練習を行いました。
二度の三部合宿や、約月に一度の三部練習が全て終わってしまったと思うと、長かったようでとても短かったと感じます。最後の三部練習では、11月29日に開催される連盟祭の練習を行いました。本番では、一年間の集大成として、三部一体となった迫力あるステージをお客様にお見せ出来るよう、精一杯頑張ります。

さて、もう少しで引退となるわけなのですが、私が四年間で学んだことは、気持ちの強さの大切さです。どんなことも前向きに挑戦し、前向きに楽しむことで、選手の皆様やお客様に気持ちのこもった応援やステージで、元気を届けることが出来たのではないかと思います。
くじけそうな時もありましたが、振り返れば、笑顔で返事をしてくれる100人の仲間がいました。
全員が同じ気持ちで同じ目的に向かって一生懸命頑張れる、應援團が大好きです。
残り少ない應援團活動を全力で楽しみます。

2014年11月19日 (水)

初心忘れず初心を超えて

こんにちは。
管理副部長の松本裕里加です。

吹奏楽部は11/16のホール練習を終え、定期演奏会本番に向け、日夜練習に励んでいます。
今年は演出が凝っていて、視覚的にもかなり楽しい舞台となっておりますので、部員達もワクワクしながら練習しています。

さて、最後に部活に向けての思いです。
私事ですが、入学時は自暴自棄になっていた時期でした。「とにかく音楽をやりたい、何か一つの事を一生懸命になってやり通してみたい」という思いで、この部に入りました。

入部して、自身の至らなさを思い知り辛い思いをしたり、沢山失敗して迷惑をかけて苦しかった事もありました。

ですが、「もしも出来る事ならこうなりたい」という初心を超えて、この場所で沢山の事を気づき学べたと思います。

すっかりものに出来た訳ではありませんが、挙げるとするなら、信じる事の大切さに気づけました。
道をまっすぐ進んで行くには、他の人、そして自分を信じなければ、前に進めないのだとわかりました。

また、見猿言わ猿聞か猿にならないように心掛けたい、世界と接点を持つようになりたいと思えるようになりました。

これは先輩同期後輩の御蔭だと思います。深い、深い感謝しかありません。ありがとうございました。

2014年11月15日 (土)

感謝

情報宣伝副部長の樟本京子です。

昨日でチアリーダー部は全日本学生選手権大会1ヶ月前を切りました。
夏の大会では納得のいく素晴らしい結果がついてきましたが、やはり最後の大会こそこの4年間で1番最高の演技をしたいと思っております。桜凛祭では納得のいく演技ができなかった分、より一層気を引き締めて残りの20回の練習を大切にしていきたいです。


さて他の團員が卒團に向けてそれぞれ想いを綴っておりますが、私も残りわずかな團員人生について語りたいと思います。

まず先輩方にお伝えしたいことはこの素晴らしい應援團に迎え入れて下さり、またこの4年間私たちを支え続けて下さり、ありがとうございました。
こうして今ここにいることができるのは先輩方が築き上げた應援團があってこそだと思っております。私たちも先輩方と同様に常にその先にある應援團を作り上げようと尽力してまいりました。
至らぬ点もあったと思いますが、團の最後の活動である連盟祭では今までの成果を存分に発揮できる素晴らしいステージにしたいと思っておりますので、最後までご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

そして後輩たちに伝えたいことは、私たちを超えて史上最高の應援團になってほしいということです。
ここまで来れたのは先輩方はもちろんですが、後輩たちがいたからこそ成せたことがほとんどです。後輩たちに託された未来は無限だからこそ、今後の應援團を期待しています。

最後に私事ではありますがこの場を借りて私の同期7人にお礼の言葉を述べさせて下さい。
この4年間、楽しい時も辛い時も1番側にいてくれたのは同期です。同期に支えられたからここまで来れました。本当にありがとう。
先輩、同期、後輩に謝意を表してブログの結びとさせて頂きます。

2014年11月11日 (火)

全力で伝えること

こんばんは。
副團長の齋藤由季です。

本日は秋季学内献血が行われました。受付人数63名、採血者数34名と目標人数に達することはできませんでしたが、次回のバレンタイン献血では目標人数に達することができるよう今回の反省を活かして頑張りたいと思います。

さて、チャリティーショーも終わり、残す團行事も連盟祭のみとなりました。
私はこの應援團に入ってたくさんのことを学びました。
その中でも「何事も最後まで全力で取り組むことの大切さ」が4年間を通して学んだ最も大きなことです。
学習院の運動部の勝利のために全力で応援することはもちろんですが、私が副團長に任命されてからは、特にそれを心に置いて一つひとつの行事に取り組んできました。自分が全力で周りに発信し、團全体の雰囲気を作ることの大変さ、大切さの両方を感じましたが、全力で行ったからこそ多くの笑顔を見ることができ、行事の全てで大きな達成感を得ることができたと思います。

楽しいことばかりではなく、泣くほど辛いこともあった4年間でしたが、いつも周りで支えてくれた先輩、どんな時も側にいてくれる同期、かわいい後輩には本当に助けられました。心から感謝しています。
卒團まで残り2ヶ月を切りましたが、1日1日を大切に残りの應援團生活を楽しみたいと思います。そして、第63代副團長として最後まで精一杯頑張りたいと思います。

2014年11月 5日 (水)

感謝の気持ち

総務副部長兼管理副部長の木村です。

11月1〜3日の三日間、学習院大学では桜凛祭が開催され、当團も連日リーダー公開を行いました。
3日間とも大変多くの方々に見に来て頂きましたが、特に初日は大雨にもかかわらず他の日と同じくらいのお客様がいらっしゃったことがとても感動しました。それだけ多くの方が私達のステージを楽しみにして下さり、期待されているのだと改めて感じ、晴天の日にも劣らず楽しんで演技をすることが出来ました。
桜凛祭特別ステージや、展示会を見に来て下さった方々、本当にありがとうございました。

さて、11月に入り、引退まで後2ヶ月となってしまいました。
私は應援團からたくさんのことを学びましたが、何より「仲間の存在」はとても大きく、かけがえのないものです。
この4年間の應援團生活は楽しいことばかりではなく、むしろ悩みが絶えないような日々でした。演奏の技術や人間関係、3年生以上になると人の上に立つ責任等…。ここには書ききれない程たくさんのことに悩み、泣いた日もありました。

それでも私が退部せずに続けられたのは、楽しくて真面目な同期を始め、頼もしい先輩方や可愛い後輩達の存在があったからです。
「辛くても仲間のために頑張ろう」と思える程、素敵な人達と出会えたことが何より幸せです。

幹部交代式まで残りわずかですが、仲間達や先生方等、この4年間で関わってきた方々への感謝を忘れずに全力で取り組んで参ります。


最後になりましたが、今週末に行われるチャリティーショーのお知らせをさせて頂きます。

○第44回チャリティーショー『クローバーの集い』
【日時】11月9日(日)
14:30開場 15:00開演
【場所】学習院創立百周年記念会館正堂
【入場料】300円(小学生以下は無料)

学習院、成蹊、武蔵、成城の四大学の應援團でステージを行い、集まった募金は日本ユネスコ協会に寄付致します。皆様是非お誘い合わせの上ご来場下さい!

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »