無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月30日 (水)

吹奏楽コンクールにむけて

こんにちは。
会計部長の横山紗世です。
暑い日々が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

吹奏楽部では、今週末に行われます吹奏楽コンクールにむけて、ラストスパートをかけながら練習を重ねています。
コンクールにむけた練習を始めて約五ヶ月間、二年連続金賞受賞という目標に向かってひたむきに努力をして参りました。
この努力はもちろん、応援してくださっている多くの方々のご期待に沿えるよう、残りの時間を大切に使い、一点に結びつけたいと思います。

今年度の私個人の目標としては、全てに全力を尽くすということです。
これまでの三年間も全力で活動に取り組んで参りましたが、これまで以上に日々の活動を大切にし、努力をすることで、これまでにない最高の結果や演技ができるよう、残りの現役團員としての時間を過ごしたいと思います。

2014年7月23日 (水)

後期に向けて

こんにちは。情報宣伝副部長の樟本です。

チアリーダー部では、関東大会が終わり、次の大会、JAPAN CUPに向けて新チームが始動しております。
今年はSPARKS史上初の技がたくさん盛り込まれており、今年こそは決勝の舞台に立つことを目標に精進して参りたいと思います。

前期最後のこの大きなイベントで大成功を収めることで、今までの先輩方を越す素敵な應援團をつくり後期の團活動により一層大きなものにしていきたいです。

私個人としても、全てが最後のイベントになるので全てに全力を注ぎ4年間の集大成が皆様に届くようなものにしたいです。

2014年7月14日 (月)

平成26年度後期團員総会

こんばんは。
副團長の齋藤由季です。

本日は、應援團部長である草野芳郎先生、日頃から現役團員のご指導をしてくださっている児島暁総監督にもお越し頂き、前期の活動報告と後期の活動方針を発表する後期團員総会が行われました。
應援團全体、各部、各部署がそれぞれ前期を振り返り、後期に向けて決意を新たにしました。
團員1人1人が前期の應援團活動を振り返り、気持ちを新たに後期の行事1つ1つに全力で挑んでいきたいと考えております。後期は、前期以上に應援團の活動がたくさんあります。前期良くなかったところはしっかり反省し、残りの期間悔いのない應援團活動を行えるように精一杯頑張りたいと思います。

また、團員総会の後には、リーダー部のOB先輩の並木哲彦先輩より就職活動に関するお話をして頂きました。
1年生のときに就職に関して考えることなどほとんどなかったのですが、早い内から少しでも自分や企業について考える、ということが大切だと改めて感じました。就職活動を始めるときには、不安もたくさんあると思いますが、それを経験してきた幹部の立場からもこれから就職活動を始める準幹部のサポートやアドバイスなどもしていきたいと思います。

私個人が本年度掲げた目標は、「全ての團行事に全力で取り組み、幹部として團全体を盛り上げること」です。
下級生の内は、自分が團行事に全力で取り組むという部分が大きかったのですが、本年度は應援團の最高学年として、自分が楽しみ周りの人々に元気を与えることはもちろん、團員全員の気持ちを1つにできるよう、自分から團全体に発信していくことを心掛けて参りたいと思います。

2014年7月 8日 (火)

ホール練習を終えて

こんばんは。
管理副部長兼情報宣伝副部長の上井更紗です。

吹奏楽部は先日コンクールへ向けたホール練習を行いました。木管指導者の野崎剛史先生、打楽器指導者の染谷太郎先生、金管指導者兼指揮者の岩下光樹先生にご指導して頂きました。音量バランス等を調整しながら練習を重ねるにつれ、少しずつ演奏が良くなっていきました。コンクール本番と同じホールでの練習は充実した時間になりました。しかし、本番まであと1ヶ月を切りました。ここで油断せず更に演奏に磨きをかけ、部員一丸となって金賞獲得を目指していきます。

私が今年度掲げた目標は、1つ1つの團行事に全力で取り組み、楽しみ、周りを巻き込むことです。
これまでこの應援團で私が充実した時間を過ごすことができたのは、部活を楽しみながら全力で取り組まれていた先輩方の存在があったからだと思っております。そのような先輩方に私もなりたいと思い、この目標を掲げました。ただ自分1人で楽しまず、周りの團員と共に楽しい気持ちや時には悔しい気持ちを分かち合いながら、素晴らしいステージ・応援を創り上げていきたいです。

2014年7月 1日 (火)

それぞれの目標に向かって


こんばんは。
副幹事長兼吹奏楽副部長の野呂亜紀子です。

現在は各部の練習に集中しています。
それぞれ己の成長、大会、コンクールに向けて、努力を怠りません。
吹奏楽部は7月5日に、コンクールのホール練習を控えています。
本番と同じ舞台で練習をすることが出来る貴重な機会を大切にするため、部長やセクションリーダーを中心に部員一同、気持ちを一つに日々の活動に取り組んでいきます。
この時期に各部で技術を磨き、三部が一体となった際に活かしていきたいです。

私が本年度、個人として掲げた目標は『自己成長と継承』です。
今年は現役最後の年となります。そこで何をすべきかを考えた結果、自分が得た経験を発信し、主に後輩へ伝えることであるという結論に辿り着きました。
組織の成長は知識や経験が語り継がれ、それを基盤としてさらに上を目指すことによって起こります。
より多くのものを残すことが出来るよう、今後の活動に全力で臨み、得たものを忘れないよう心に刻んでいきます。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »