無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月24日 (火)

関東大会

ごきげんよう
チアリーダー部長 阿部 亜祐美と申します。


先週末、チアリーダー部は関東大会に出場しました。

この関東大会は、夏のJAPAN CUPに繋がる大事な大会です。


今回私たちは、Aチームは2.3年生、Bチームは1.4年生で、挑みました。

Bチームは、入部したばかりの1年生がとても良く頑張ってくれました。最初は何も出来ない状態から始めた1年生も、演技の中で、たくさん活躍してくれました。

本番では、練習の成果を出すことができ、笑顔いっぱいのノーミスの演技をすることができました。

1年生はチアリーディングの楽しさを知ることができ、初の大会としては良いスタートを切れたと思います。

私たち4年もずっと1年生と大会に出ることを楽しみにしていたので、4年にとっても、本当に充実した大会でした。


Aチームの2.3年生は半年間の想いを込めて演技をしました。

この半年間はとても長いようであっという間だったのではないかと思います。
たくさんの練習の成果を本番で出したかったのですが、惜しくもノーミスの演技をすることが出来ませんでした。

今回の反省点は、SPARKS全員で見つめ直し、1日1日を無駄にせず、しっかりと練習することで、次回のJAPAN CUPに必ず繋げたいと思います。

皆様 今後とも、応援の程よろしくお願い致します。

また、チアリーダー部での活動と同時に應援團の行事にも力を入れるべく、SPARKS一同、魅せることにこだわりを持ち、一人でも多くの方々に笑顔や感謝の気持ちを届けられる演技が出来るよう、努力してまいります。

2014年6月20日 (金)

関東大会発表会


ごきげんよう。
管理部長兼副幹事長の安達紘子です。

6月15日の日曜日にチアリーダー部は6月21日に行われる関東大会に向けて、発表会を行いました。
Aチーム、Bチーム共に良い演技をすることができ、今週は調整練習をきちんとし、大会に臨みたいです。

また、前期朝清掃が開始され、毎週水曜日に学校を清掃しています。

そして、幹事会では秋の行事である、小学校ステージや大学祭ステージについて相談を始めました。
良いステージが作り上げられるよう幹事一同頑張ります。

個人の目標は、最高に楽しい一年間にすることです。

2014年6月10日 (火)

63代

押忍。團長の木原です。

6月7日(土)に当團の新入生歓迎会が盛大に執り行われました。
本年度入團者はリーダー部、チアリーダー部、吹奏楽部合計で33名になります。
当日は新人全員が名前を呼ばれ、初々しさを残しながらも挨拶する事が出来ました。
お越し下さいました諸先輩方、諸先生方誠にありがとうございます。

今後も四学年が各々の力を振り絞り、諸活動に取り組んで参ります。
想いは気持ちは必ず届くと信じて応援して参ります。


さて本年度の私個人の目標は「悔いの無い毎日」それだけです。
応援、リーダー公開、奉仕活動全てに力を尽くし、日々の生活から律し、後輩達を導き、そして自己鍛錬を怠らない。
高校から続く應援團員としての当たり前の毎日も、この一年間でお終いです。
一年間をかけて完全燃焼する次第です。

2014年6月 2日 (月)

6月突入!

日頃より學習院大學應援團ブログをご覧下さり有難うございます。
情報宣伝部長の大橋奈央です。

6月に入ったばかりというのに真夏のような暑さが続いておりますが、皆様は如何お過ごしでしょうか。
團員達は、大会やコンクールといった目標に向けて、また後期の行事に向けて己を強くするべく、日々練習に励んでおります。

今週、6月7日(土)には新入生歓迎会を行います。
先生方、先輩方に、この春新たに學習院大學應援團の一員となった1年生のお披露目を出来ますことを大変楽しみにしております。
明るく素直で、日々成長する1年生の姿には上級生も刺激を受け、共に桜吹雪を巻き起こす第63代學習院大學應援團の仲間として非常に頼もしく感じています。これからの4年間での成長が楽しみです。

まだ、「應援團」というものに慣れていない1年生も多いと思いますが、應援團には100人を超える仲間、支えて下さる多くの先生方、先輩方がいらっしゃいます。
困った時には是非周りの人を頼って下さい。皆、あなたを応援し、助けてくれる心強い人たちです!

新入生歓迎会では情報宣伝部から1年生に向けてムービー上映も予定しているので、そちらも是非お楽しみになさっていて下さい。


さて、弊團幹部が交代で執筆しているこのブログですが、次回から1週ごとに一人ひとりが應援團における「本年度の目標」についてお話しさせて頂きます。
學習院大學應援團が大好きな私ども第63代幹部の應援團生活ラスト1年に懸ける想いをお聴き頂ければと思います。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »