無料ブログはココログ

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

新歓突入 学習院へ入学する全学生へ

押忍。本年度團長を務めます木原雄大と申します。
諸先輩方に於かれましては日頃よりご指導ご鞭撻を賜り誠にありがとうございます。

さて、新入生の諸君、明日から大学生活が始まるね。
期待に不安が交じる中、多くの部活サークルから声を掛けられる事だろう。

よく考えて問うてほしい。
学習院大学でしか出来ないことは何だと。
一生に一度の大学生活を謳歌するにはどうすれば良いかと。

その答えが学問でも構わない。留学だって構わない。色恋…だって構わない。
ただ、部活動や仲間だと回答するのなら、迷わず應援團に来るべきだ。

應援團はスゴい。
学習院大学で過ごす全学生が、應援團の活動を必ず眼にする。断言出来る。
スポーツ応援、リーダー公開、奉仕活動。
各部の活動の充実に加え、幅広い活動を應援團全員で実施している。

詳しくはホームページを見てほしい。
ぜひ声掛けて、團員の生の声を聞いてほしい。
俺達のスゴさが必ず伝わるはずだ。

そして俺は君達と、應援團活動を共にしたい。
全力で迎えよう。また明日。

學習院大學應援團 團長 木原雄大

2014年3月22日 (土)

卒業記念祝賀会

お疲れ様です。副團長の齋藤由季です。

昨日、目黒雅叙園で開催された学習院大学卒業記念祝賀会においてリーダー公開を行いました。
卒業生に向けて演技が出来る最初で最後の場ということで、現役全員で一生懸命練習して参りました。
本番では、今までの感謝の気持ちを精一杯届け、應援團全員で最高の演技をすることが出来たと思います。
團員も卒業生もとても素晴らしい笑顔で、最高の時間を共有することが出来ました。
また、今までの伝統を受け継ぎつつ、63代で新しい應援團を作っていこうと改めて感じました。

最後になりますが、卒業される先輩方今まで本当に有難うございました。
今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します。

2014年3月21日 (金)

学習院大学卒業式

お疲れ様です。
会計部長横山紗世です。

本日は、学習院大学の卒業式でした。
卒業生の皆さま、ご卒業おめでとうございます。

昨日の女子大学卒業式と同様に、現役一同でお見送りを致しました。
雨という生憎のお天気となってしまいましたが、雨にも負けない先輩方の晴れ姿は大変素晴らしいものでした。

明日は、学習院大学の卒業祝賀会があります。
今までお世話になった先輩方へ向けて、感謝の気持ちを込めて演技が出来る最初で最後の機会となります。
先輩方に感動して頂けるよう、持てる力を全て出し、素晴らしいステージに出来るよう頑張りたいと思います。

2014年3月19日 (水)

学習院女子大学卒業式

お疲れ様です。

チアリーダー部長阿部亜祐美です。

卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます。

本日は、女子大学卒業式でした。チアリーダー部、吹奏楽部の先輩方を私達、應援團全員でお祝いし、お見送りしました。
先輩方の袴姿は、本当に素敵で、晴々とした表情が印象的でした。

また、チアリーダー部は謝恩会で演技をさせて頂きました。
これまで先輩方にたくさんお世話になった、感謝の気持ちを込めて精一杯演技しました。先輩方は涙を流して喜んで下さいました。


これからは、先輩方がこれまで築き上げてくださった學習院大學應援團を大切にしながら、新たな歴史を作っていきたいと思っております。

明日は目白にて、大学卒業式です。
本日と同様、しっかりと先輩方のご卒業をお祝いして、これまでの感謝の想いを伝えたいと思います。

春季三部合宿三日目

お疲れ様です。
副團長 安井亜季です。

3月15日〜17日に行った三部合宿では、
大変充実した三日間を過ごすことが出来ました。
私達幹部にとっては最後の春合宿で、寂しい気持ちで一杯です。

三部一つ一つの良さを出すことの出来る三部演技を始め、團員全員で一つのものを作り出し、合宿三日間でどの演技も完成度の高いものに仕上がりました。

細かい所まで合わせ、拘ったメドレーでは、応援団の力強さと迫力を伝えることが出来ると思います。

これから出会う新入生、今まで私達を支えて下さった先輩方、そして、勝利と仲間のために全力を尽くす選手達。私達はこれから多くの人の想いに全力を尽くし、一瞬、一瞬を大切にしていきます。

2014年3月16日 (日)

春季三部合宿二日目

お疲れ様です。
幹事長の石黒はるかです。

春季三部合宿二日目が終わりました。
本日は昨日練習したステージ内容に加え、応援練習を行いました。

各ステージの練習では、昨日指摘された部分を各自で確認してきた努力が見え、一段と細かい部分の練習に取り組むことが出来ました。
しかし、ある程度演目内容が出来るようになると、その分出来ない点が目立つようになります。何度も指摘されてしまう部分は特に注意を払い、誰から見ても完璧な演技が出来るように、今後の練習に臨みたいと思います。

また、応援練習では新たな練習方法に挑戦しました。「応援される選手の気持ちを知ろう」という目標のもと、応援するチームと実際にリレーをするチームに分かれ、練習を行いました。
応援されてみて得た感想から、どのように応援をしたら選手を元気付けられるのか。各個人で実践に繋げられるものが見つかったと思います。この練習を無駄にせずに、応援の際には必ず学習院を勝利に導けるようにしていきたいです。

合宿はあともう一日あります。残りの時間も充実して効率のよい練習にしていきましょう。

最後になりましたが、お忙しい中私達團員の為に遠くまで御指導しに来て下さった先輩方、本当にありがとうございました。

三部合宿1日目

お疲れ様です。情報宣伝副部長の樟本京子です。

今回の合宿は山梨県で実施しており、富士山が非常に美しく見えます。

1日目の練習は、声出し練習で全員の士気を高めることから始まり、非常に充実した練習を行うことが出来ました。練習内容は卒業される先輩方に送る「祝賀会」、新1年生の為に送る「新歓ステージ」、学習院生や学習院を卒業された方々に送る「オール学習院の集い」の練習を行いました。

これらの演目はすべて初めての通し練習となりました。一つ一つのレベルが完成させるまでにはプロフェッショナルな意識が足りないと感じました。三部練習であまり詰められなかった部分が今回の練習に大きく影響し、個々の練習不足が目立ちました。今後の課題としてプロとしての意識を常に持ち、一人一人が主役となり届ける演技をしていきたいと思います。

特に新歓ステージでは私達の宝物である新入生を増やし、應援團の更なる躍進に繋げていきたいです。

2014年3月 4日 (火)

吹奏春合宿

お疲れ様です。
吹奏楽部長の田邊優美子です。

私達吹奏楽部は、2月26日(水)~3月2日(日)の5日間、千葉県岩井海岸にて合宿を行って参りました。

例年この時期の合宿は「基礎固め」と「新歓の練習」を目的とし、練習に励んでいます。
今回の合宿もこれらの目標を掲げ、充実した時間を過ごすことが出来ました。

まず「基礎固め」に関しましては、先生方に個人レッスンをして頂きました。一人一人の音を聴いていただき、課題とその解決方法を教えて頂くことで、各自が自分の実力に向き合うことが出来たのではないかと思います。基礎力が向上すれば、どの曲、どの場面においても、今よりももっと上手い演奏が出来るようになります。合宿で得たものを必ず今後も継続し、部員全員が技術的に成長できるよう、努力していきたいと思います。

また、今回は初めての試みとして、先生方に「楽典」の授業をして頂きました。「楽典」とは、和音の構成や音の連なりなど、音楽をやる上で必要不可欠な理論や基礎知識の事です。今まで何となくわかっていたつもりであっても、改めて教わると新しい発見もあり、自分が理解不足だったことに気付いた部員が多くいました。先生方は学生にも理解しやすいように、歌いながら、吹きながら、工夫して丁寧に教えて下さいました。今回だけでは時間が足りなかったので、今後も継続して勉強していき、曲に応用させたいと考えています。

そして「新歓の練習」においては、新歓期間中に開催するスプリングコンサートの曲を練習しました。ソロが多く出てくるのですが、休憩時間に個人的に先生方にみて頂いている部員もいました。あと1ヶ月間、新入生に喜んでもらえる演奏を目指して頑張っていきたいと思います。


4泊5日の合宿を通して、先生方や先輩方のご指導のもと、演奏面において大きな収穫を得ることが出来ました。
また、新体制として迎える初めての大きな行事だったということで、部活としてもたくさんの課題に直面しました。
部の雰囲気づくり、返事・挨拶・マナー等当たり前のことを当たり前に出来る部活になること、新しくリーダーとして奮闘している部員をフォローすること…。私も部長としてこれからやることが沢山です。
今年度の数々の本番で結果を残し全ての行事を成功させるためにも、部活として結束力を高めていきたいと思います。


最後になりましたが、私達に親身にご指導をしてくださった岩下光樹先生、野崎剛史先生、染谷太郎先生、お忙しい中お越し下さったOBOG先輩方、本当にありがとうございました。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »