無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

四年間の想い

こんにちは。総務部長の杉野です。
冬の寒さが一層厳しくなってきた今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

吹奏楽部は12月15日に本年度の集大成である定期演奏会を無事に終え、年末年始の活動休止期間に入りました。
そして私たち學習院大學應援團第62代幹部は1月11日の幹部交代式を持って卒團致します。

これまで幹部一人一人が数え切れないほどの辛い経験や試練を乗り越え、様々なことを犠牲にして應援團に時間を捧げ決して楽ではない道を辿ってきましたが、本年度の活動をすべて終えてそれぞれが充実感と達成感に満ちて年の瀬を迎えています。

幹部交代式を持って卒團という節目は迎えますが、今度は後輩達を見守っていくという使命を抱えて新しい道に進んでまいります。

これまで支えて下さった皆様に心からの感謝申し上げます。

失礼いたします。

2013年12月17日 (火)

第16回定期演奏会


お疲れ様です。
総務副部長兼会計副部長の金井です。
冬も深まってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。街のショーウインドーはクリスマス一色で、いよいよ一年が終わるのだな、という気持ちになります。

さて、一年の終わりと言えば、昨日吹奏楽部の一年間の集大成である、定期演奏会が無事、成功で終わりました。
ここまでの道のりはとても長く、何度も何度も練習を重ね、なんとか乗り越えてきた道でした。
今年は、吹奏楽部単独で、曲の世界を表現することに取り組みました。マーチングや歌、旗、照明など、を取り入れ色々な角度から表現してきました。その分苦労は絶えませんでしたが、本番のお客様からの拍手、部員からの本当に楽しかったという声は、演奏会の大成功を物語っています。私自身、四年間定期演奏会を経験しましたが、今年が一番良かった、と思える演奏会でした。

演奏会が成功できましたのも、先生方、OBOG先輩方、スタッフのみなさまのおかげだけと思っております。本当にありがとうございました。
そして演奏会運営に携わり、壁にぶつかりながらも頑張ってきた3年生をはじめ、部員一人一人の努力の結果がこの演奏会です。自信を持って次につなげていってください。

4年生は定期演奏会をもって吹奏楽部の活動は終わりとなります。来年の演奏会はもうないのだと思うと、さみしい気持ちでいっぱいです。今年は、コンクールでの金賞受賞、楽しむことを体現できた応援団活動、そして定期演奏会と、楽しく充実した一年間でした。残すのは幹部交代式のみとなってしまいましたが、最後まで精一杯務めたいと思います。

寒い日々が続きます。くれぐれも体調にお気をつけてお過ごしください。
失礼します。

2013年12月13日 (金)

感謝とGIFTを皆様に

お疲れ様です。
吹奏楽部長の山本です。

昨日吹奏楽部は定期演奏会前最後の通常練習日でした。
これで明日の前日リハーサルが終わると、もう定期演奏会当日になってしまいます。
定期演奏会に向けて行われた9月の合宿からもう3ヶ月も経っているという実感が湧かず、ただただ時間の経過の早さに驚くばかりです。

定期演奏会は準幹部の実行委員長を中心に企画されていますが、そうして表立って周りをリードする部員もいれば、見えないところで努力や苦労を重ね、縁の下の力持ちとして活躍している部員も沢山います。
また、先生方、先輩方、エキストラの方々が私達のために貴重な時間を割いて下さり、リーダー部やチアリーダー部がフォローしてくれたからこそ、ここまでこれたのだと、今改めて感じています。

そうした全員の努力の結晶が無駄になることの無いよう、沢山の方への感謝の気持ちを本番の演奏で届けられるよう、一奏者としても部長としても、残り数日を全力で臨みたいと思います。

また、今年は吹奏楽部の演奏会と大会が被ってしまい応援に行けないのですが、チアリーダー部ももうすぐ今年の集大成とも言える大会があります。

毎日遅くまでハードな練習を重ね、練習時間外も打ち合わせを重ね、どんなに困難があっても諦めることなく全員で高みを目指し続けているチアの姿勢は、いつも私にとって刺激になり、目標としていました。

直接応援には行けませんが、そんな努力派のSPARKSの演技が本番でどこよりも輝けるよう、心から応援しています!

最近冷え込みが激しいので、皆様お身体にはお気をつけ下さい。

以上です。
失礼します。

2013年12月 8日 (日)

日本学生選手権大会にむけて

お疲れ様です。
総務副部長兼管理副部長の堤です。

本日、チアリーダー部は12月14日、15日に開催されます日本学生選手権大会の演技を披露する発表会を行いました。

日本学生選手権大会は私たち4年にとっては最後の大会であり、SPARKSとしても今年度を締めくくる大会となります。
各部員が今までの練習の成果を発揮し、最高の演技で終わらせたい思いです。
今大会はJVとVの両チームが出場するのでSPARKS31人がより一丸となって挑んでいきたいと思います。そして今年の目標である『日本一のチーム力』を魅せたいと思います。

発表会には多くのOG先輩や父母の方が見に来てくださり私たちを応援してくださりました。また、リーダー部と吹奏楽部の幹部も応援に駆けつけて声援をくれたので大変力をもらえ、また応援団の絆を感じました。

JVもVも発表会本番ではノーミスの演技を出すことができました。
これも、多くの方のご支援、ご声援のおかげだと思います。
しかし、大会までにはまだここから詰めるところや課題があるのでより質の高い演技になるよう今後も努力していきたいと思います。

練習時間も残りわずかになりましたがこのチームでこの演技をできる時間を大切に、より一層演技に磨きをかけて見てくださる方に思いが伝わる、心に残る演技を本番披露し感謝の気持ちを届けたいです。

62代としてのステージは終わってしまいましたがチアリーダー部も吹奏楽部もお互い来週の本番で最高のパフォーマンスができるよう努力してまいります。

失礼致します。

2013年12月 5日 (木)

定期演奏会に向けて


お疲れさまです。
会計副部長の小宮山です。

11月30日(土)に第62代最後のステージである全日本学生応援団連盟本部記念祭が行われました。このステージでは一人一人が主役となり、全員が楽しいと思える唯一無二の演技を披露することができたと感じております。連盟祭が終わり、卒團がもう目の前に迫っており感慨深い思いでございます。

現在吹奏楽部は12月15日に行われる定期演奏会に向けて、日々練習を行っています。明日で定期演奏会まであと10日です!このメンバーで音楽が出来るのも、一緒に練習ができるのもあと10日となってしまいました。演奏会に向け確実に曲を仕上げなければいけない段階にきているのですが、まだまだお客様に感動を届けられる演奏にはなっていないように感じます。岩下光樹先生をはじめ、野崎剛史先生、染谷太郎先生、OBOG先輩方からいただいたご指摘を確実に習得し、二度と同じことは言わせないくらいの気概で、全員が確実に日々レベルアップしていけるよう頑張りたいと思います。私達の頑張り次第で更に良い演奏を追求していけます!「さすが金賞団体!」とお客様に思っていただける演奏を全員で追求していきましょう!!幹部として残された時間は少ないですが後輩にまだまだ伝えていきたいこともたくさんあります。連盟祭と同じ様に定期演奏会も一人一人が主役となり全員が笑顔で終われるよう頑張りましょう!私も悔いを残さないよう、最後まで全力で取り組んでいきたいと思います。

12月15日に行われる定期演奏会ではお客様に素敵な演奏をgiftとしてお届けしたいと考えております。お時間のある方は是非お越し下さい。心よりお待ちしております。

失礼致します。

2013年12月 2日 (月)

第六十三回全日本学生應援團聯盟本部記念祭

押忍。團長染谷です。


月日の経つのは早いもので、今年もまさに暮れようとしております。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

11月30日に、第六十三回全日本学生應援團聯盟本部記念祭が開催され、第六十二代として演技ができる最後の舞台が終わりました。

当日の演目は、応援歌メドレー、三部演技、院歌と、三部の心が一体となった演技を披露しました。
多くの應援團が演技を披露する中で、弊團の演技が一番良かったと胸を張って言えること、誇りに思います。

一年間を通して、ステージ本番はなによりも楽しむことを大切にして欲しいと團員に伝えてきました。今回、ステージ上で團員の一点の曇りもない笑顔を見て、今までの行事や練習が走馬灯の様に頭を駆け巡りました。

一年間團長として至らないところもありましたが、本当に素晴らしい先輩方、先生方また團員に支えられました。
本当にありがとうございました。

我々幹部がステージに乗ることはもうありませんが、残り少ない期間、次代を担う後輩達がよりよい應援團を作る事が出来るよう、精一杯努めてまいります。


失礼します。

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »