無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月22日 (木)

第14回定期演奏会

こんにちは。吹奏楽部長の根本です。
本日は、今月18日に行われた当部の第14回定期演奏会について書かせて頂きます。

私達の演奏会に足を運んで下さった皆様、誠にありがとうございました。
今回の演奏会が、私が所属する4年間の中で最もお客様が多かったように感じ、最後にそのような環境で音楽ができたことを大変嬉しく思います。

吹奏楽部は今年から新しい指揮者の先生を迎え、今回の演奏会が新体制の第1回目の定期演奏会でした。
今年は初の試みとして学生指揮者が指揮をしたり、部員によるダンスの披露をしたりと演出にこだわった演奏会となりました。会場からは笑いが起こることも多々あり、その場の空気を共有するという点でお客様と一体感を感じられたように思います。
お客様に書いて頂いたアンケートをもとに、来年以降もより皆様に楽しんで頂ける演奏会になるよう努めて参りますので、今後とも当部の演奏会にお越し頂ければ幸いです。

また、今回は4年生にとっては人生で本当に最後になるかもしれない演奏会でもありました。本番中に同期と目が合う度に涙が出そうになりました。4年前の春、期待と不安を抱きながら入部し、ここまで共に頑張ってきた仲間と音楽が出来ることに、ありがたみを感じながら精一杯演奏しました。
第60代という節目を、素敵な同期と迎えられた私は本当に幸せ者であり、この仲間たちに出会わせてくれた応援団に心から感謝しています。

4年生の活動は、残すところあと1月6日の部活と1月7日の幹部交代式となりました。これが本当に最後なんですね。
残りわずかですが、最後まで気を抜かず、そして楽しんで活動して行こうと思います。

最後になりますが、当部の定期演奏会を行うにあたってご協力頂いた先生方、先輩方、関係者の皆様に心からお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。


第60代吹奏楽部長
根本友里

2011年12月19日 (月)

年の瀬

こんにちは、るいじです。
あっという間に今年も年末を迎える時期となりましたが、皆さんはどのように過ごす予定でしょうか。私は来年の大学院入試の勉強に全てを費やす予定です。

さて、先日今年度の四大戦・甲南戦の終了に伴い、解団式が行われました。そこで私たちは院歌を演奏、斉唱しました。

色々なアクシデントに見舞われた今年、運営は例年以上に困難なものだったでしょう。
無事行事を成功させることができたことをお祝い申し上げます。

また来年度も応援団としてこれらの行事にかかわっていきます。
私たちももうすぐ代交代。その時まで、自分も幹部として精一杯精進してまいります。

短いですが、以上です。

2011年12月13日 (火)

全日本チアリーディング学生選手権大会

こんにちは。チアリーダー部部長の岸です。

先週末10、11日に全日本学生選手権大会が行われました。SPARKSからはAチーム16人、Bチーム12人の2チームが出場しました。

夏のJAPAN CUPで納得のいく演技ができず涙した悔しさをバネに、9月からこの大会に向けて練習してきました。今年最後の大会で、1年生は初めての、そして4年生の引退がかかったこの大会。絶対に全員笑顔で終わりたい!という思いで部員一同、日々練習に励みました。

そしてついに大会当日。

10日はAチームが出場するDivision1の予選でした。

エントリー№9、ノーミスで学習院らしいクリーンな演技が評価され191点獲得。

64チーム中4位で無事予選突破しました。

次の日の決勝でもう一度演技できることに感謝し、迎えた11日の決勝。

まずはBチームが出場するDivision2の決勝。

1年生8人の大会デビューでした!沢山のお客さんが見ている中演技する、初めての大会はものすごく緊張するもの。しかし今まで積み重ねた練習で培った自信とチーム愛が上回り、見事綺麗なノーミスを決めてくれました。今までで1番良い演技を本番で披露し、みんなすごく輝いていました。

Bチームから良いバトンを受け取り、次はAチーム。

今までの様々な想いが詰まった演技。全員が絶対やる気持ちを持ち、みんなを信じて青マットに乗りました。沢山のプレッシャーを感じながらも全員で思いっきり2分半楽しみました。

全員がベストを尽くし、みんなが一つになって決めたほぼノーミスの学習院らしい演技。

忘れられない2分半となりました。

そしてドキドキの結果発表。

Bチームは132点 24チーム中16位!

減点は0でした。Division2で減点0だったのは唯一学習院だけでした!!

Aチームは196点

準決勝より5点点数を伸ばし、なんとなんと

10位入賞!!

信じられないくらい嬉しくて表彰式では学習院が1番騒いでいました。

沢山の人に支えられ結果に繋がった今大会。

最後の最後に"還り咲く"ことができ、本当に嬉しいです。

応援して下さった皆さん本当に本当にありがとうございました。

アメリカンフットボール応援

リーダー部3年の恒久です。

12月10日、アミノバイタルフィールドにてアメリカンフットボール応援(対国士舘大学)を行いました。

当日は甲南戦閉会式・チア大会と同日であったため、少数精鋭での応援となりました。

今回の試合は1部リーグ昇格をかけた入替え戦。アメフト部そして応援団にとっても絶対に負けられない大事な試合でした。会場も応援に駆け付けた多くの保護者・関係者が集まり、寒空の下、試合開始前より熱気に満ち溢れていました。

試合展開は学習院は得点を決めるものの、相手の猛勢により非常に手に汗握るものでした。

しかし最後の第4クオーター、学習院が得点し国士舘を逆転、その後の徹底的な守備により見事21-17で学習院が勝利、アメフト部は1部リーグ昇格を果たすことができました。

今回は父母会の方々とも協力し、前回の応援以上に客席を巻き込んだ、一体感のある応援をすることができ、観客そして団員にとっても心に残る試合となりました。

来年よりアメフト部は1部リーグにて活躍します。頑張るアメフト部を、応援団はこれからも応援してゆきたいと思います。

2011年12月12日 (月)

甲南戦閉会式

こんばんは。團長の北澤です。いつも弊團ブログをご覧頂き、有難う御座います。

さて、去る12月10日に対甲南大学定期戦の閉会式が甲南大学にて行われました。

58年間の長い歴史を誇る本定期戦。旧制高等学校時代に同じ文化を持つ学校同士、神戸と東京という距離がありながらも、切磋琢磨してきました。

本年度は残念ながら、総合成績では甲南大学に敗れてしまいました。しかし、来年こそ優勝杯を学習院に持ち帰ってもらいたいという願いを込めて、團員一同、渾身のエールをお送りさせて頂きました。

私達の気持ちが少しでも選手たちに伝わり、その励みになるのであれば幸いです。対甲南戦の勝利のために我々も精一杯の精進をして参ります。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »