無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月14日 (日)

チアリーダー部チーム合宿2011

チア部部長の岸です。

8月8日から12日までチーム合宿を行いました。立教大学、明治大学、川崎キッズチアリーディングクラブの皆さんと合同合宿でした^^

合宿中は毎日朝9時半から夜10時まで練習。

みんなで汗かいて涙して笑ったチア漬けの5日間、チア部の皆さんお疲れさまでした。

部屋は学年別だったからそれぞれ楽しんだかな?^^

中日にはお楽しみ会、最終日にはバーベキューも全チームで楽しみました♪

練習だけじゃなくてみんな余興も本気だから楽しいです^^クオリティー高いです☆

合宿初日から5日目までで少しずつ演技ができてきて、過程はすごく遅かったけど今この演技ができてるのも合宿の練習があったから。この時間絶対無駄にしない!この夏最後の最後まで諦めない!!

私達4年にとって最後のチーム合宿でした。もうこんなに朝から夜までチアの事考えてTシャツ何枚もびしょびしょになるまで動いたりすることなんてないんだろうな~…

学生生活最後の夏、JAPANCUPで良い演技ができるように残りの時間精一杯頑張ります!!!!!

2011年8月 8日 (月)

吹奏楽コンクール

こんばんは。吹奏楽部長の根本です。
本日は8月6日(土)に行われた東京都職場・一般吹奏楽コンクール予選の結果をご報告させていただきます。応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。

結果から申し上げますと、「781点銀賞」となりました。これは昨年度を15点下回っている点数です。

今年の吹奏楽部はコンクールで820点金賞をとるという目標のもと練習に励んでまいりました。
当日の演奏は普段ご指導を頂いている先生方からは、ここ数年では高いレベルのものだったと言って頂けました。決して部員のやる気が無かったとは思いませんし、モチベーションが低かったわけでは無いと思っています。
けれども、結果は去年を下回ってしまいました。音楽には好みもありますし審査員によって様々な評価を受けるものです。ですから、金賞にもう少しで届きそうというレベルでは金賞は取れません。
誰もが金賞だと思う演奏をしなければなりません。


この部活には「自覚」が足りなかったのだと考えています。金賞をとる団体に比べ、遥かに足りていません。
自身の現状を知る、力の程度を知る、金賞をとる為にやるべきことは何か。
これを見誤ってしまってはいつまで経っても上にはいけないと思います。
もちろん意識統一が甘いのは部長である私自身の責任でもありますし、60周年を迎えた団体としてこれから後期行事に向けてもっともっと高い意識を持つことが必要となります。

部員のやる気を上手く生かし、部としてまとまりをつくること。
自分達は高い目標に向かって努力しなければならない団体なのだという意識を持ってもらうこと。
また、高いレベルに到達する為に何をするべきなのかを理解すること。

これらが今の吹奏楽部の課題であり、私がやらなければならないことだと思っています。
まずは今回の結果をうけ、課題や問題点をしっかりと浮き彫りにし、これからにつなげていくことが大切だと思います。
「練習時は自分は最低と思って必死に練習する、けれどもステージに乗ったら自分は最高だと思って演技をする」という言葉を以前耳にしました。
私もこのような意識をもってこれから頑張ってまいりたいと思います!

これからも吹奏楽部、應援團をよろしくお願いいたします。

失礼します。

2011年8月 2日 (火)

サマーキャンプ

チアリーダー部 副団長 まりなです!
チアリーダー部は7月29日から8月1日まで、チアリーディングの協会が行っているサマーキャンプという合宿に行ってきました!
この合宿は他チームもたくさん参加する合宿で皆で一緒にチアリーディングの講習を受けたり、8月末に行われるJAPANCUPの演技の一部をみていただいたり、発表したりします。

この3泊4日の合宿の最終日に行われた発表会で、Bチームはノーミスの演技をすることができこの4日間の成果を発揮することができました!
しかし私たちAチームはノーミスの演技をすることができませんでした。

この合宿で私たちはたくさんの課題を見つけることができ、まだまだ自分達は甘いのだと
実感しました。

JAPANCUPでこのサマーキャンプでたくさん教えてくださった方々に恩返しができるよう、明日からの練習もより気を引き締めて頑張りたいと思います!

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »