無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月24日 (月)

これぞ学生の応援団

こんばんは、けんです。

連盟祭、ほんの数時間前に終わって家に帰ってきて、楽しかったなあと思えるイベントでした。まずは、学習院の方ですが、連盟祭に関しては団長が準備の段階からかなり関わっていて気合の入れようも普段の行事とは比べ物にならないものがありました。正直、あの気合にはかなわなかったです。

本番前の集合で、心から自分達の演技が出来たとき、それが学習院らしい演技となり、それが自分達にとって一番大切なものと言っていた気がします。一年間、学習院らしさとは何か、自分達らしさとは何か追い続けてきた気がします。それは、去年までのものを伝統という言葉で続けるだけの単純作業ではなく、同じ団体でも毎年それぞれカラーがあるものです。それを効果的に出していくこと。それは演じている団員も本番まで知らされていないようなサプライズをするくらい、今の応援団には自分達を表現するエネルギーが満ち溢れていたのかなと思います。

見た方は御存知だと思いますが、私の同期のホルン吹きが袴を着たり、学注をしたり・・・リーダーも3人でリーダーをきっていたり、太鼓がうちの同期の女の子であったり。こういったちょっとしたサプライズをすることで、団員が臨機応変に動き、それが慣れてしまったリーダー公開にちょっとした刺激を与えるのかなと思いました。やりすぎはよくないですが、4年生にとっては最後の団行事ということもあるのでおおめにみていただけたらと思います。

ところで、自分は合同演奏の指揮を務め好評をいただくことができました。合同演奏は去年企画されたもので、去年は本番1ヶ月前にそういった話をきき、譜面がなかったので自分で編曲してあわただしかったことを覚えています。今年は各大学の代表者で半年前くらいから打ち合わせをして、懇親会をしたり、合同練習をしたり、そのあとまた懇親会をしたり・・・音楽だけではなく同じ応援団吹奏楽部として共通の話が出来る仲間が増えて、自分自身も有意義な時間が過ごせました。

演奏は、吹いている側も、聞いている側も楽しかったということを聞けたので、成功だったのかなと思います。そして今回、普段応援では吹かないような、ちょっと難しい曲をセレクトしましたが、それにもワケがあって、普段10人程度で活動しているバンドが多い中で、どうしても自分たちのレベルに合わせて選曲していると思うのですね。そういった中で今回50人近くいるメンバー。自分が出来ない部分は誰かがきっと補えることもできるし、こういった機会だから、応援団吹奏楽部という面だけではない自分の演奏ののりしろみたいのを引き出せることができるのかなって思っていまして選曲しました。いわゆる合奏を初めて体験したという話も聞いたりしたので、お互いに学ぶことも多かったのではないのかなと思います。僕も楽しかったです。みなさんありがとうございました。

1年生の時、自分自身がこれほどまでに連盟祭に関わるなんて思ってもみなかったというところが本音で、来年も後輩の勇姿を観に行きたいなんて思っていると、相当この行事への思い入れが強かったのかなと思います。

連盟祭に限らず、自分達がやりたいことをお客さんに喜んでいただけるようにやるというスタンスは理想でもあり、目指すべきところでもあるのかなと思います。自分達もお客様も満足できるような関係は早々に出来るものではありません。自分達の限界を知り、努力をし、経験を重ね、状況を見極めていくこと、やりたいこをやるだけは簡単ですが、喜んでもらうことは難しい。

そういった中で、気持ちを出すっていうのは心を訴えることができる道具だなと今回思いました。学習院のステージも、あまり準備も出来ない中で本番を迎え、決してとてもよい演技ではなかったのかもしれません。ただ、今日は団員の気持ちが繋がっていたし、団長をはじめみんなが伝えようとしていた。そうでなければ、喜んでいただけるかもしれませんが、感動してもらうことはできませんからね。合同演奏だって、みんなが本当に楽しそうに演奏しているから、お客さんも手拍子をしてもらい、良い演奏ができたのかなって思います。

団長も自分も、一人一人の気持ちとそれを伝える行動力を演出したかったのですかね。相変わらず自分は指揮をしながら色々な人と目線が合うたびに会話をしていたような気がします。

2008年11月19日 (水)

まつりの前

こんばんは、けんです。

お久しぶりですね。最近行事が多いにもかかわらずあまり更新できませんですみません。最近何していたかというと、何でしょう。ちょっと私用で編曲とかしていたので、あまりHPに手をつけられなかったりしまして・・・まあもう終わったのでこれからはじゃかじゃかやっていきたいですが。

思えば、学祭が終わってから、アンサンブルコンテスト(自分は参加していませんが)や、高崎経済大学定期リーダー公開祭のゲスト出演や、連盟祭の合同演奏の練習や、応援・献血などイベントが盛りだくさんでした。特に、高経や連盟祭は自分が指揮をやっていることもあって、想いも人一倍強い(強かった)わけです。指揮を振るのは去年以来なので、緊張もしつつも、楽しく演奏できればなと思っています。色々音楽のこととか考えると、そんなシンプルな言葉にはならないとは思うのですが、楽しんでもらうということを目標にすれば、最終的には楽しく演奏できればいいのかなと思います。舞台上ではそうやってやりつつ、裏では、楽しく見せるための仕掛けとして、照明を考えたり、スタンドプレイを考えたり、純粋に音楽性を高めたりしているわけです。高経のリーダー公開を見に来ていたお客さんは、目の肥えた方が多いと思ったので、これでもかとばかりに、指揮が決まって当日までの数日間、できることはやったつもりです。この部活のみんなの前で指揮を振るのも最後だと思うと寂しかったですが、それよりも色々心配というか、他大学に負けられないという思いで、本番前は一人一人に声をかけてすがる気持ちで舞台に立って・・・。でも、みんなは自分が思っている以上のパワーを見せてくれてうれしかったですね。みんな指揮をみてくれて、たくさんの部員と会話をしながら演奏しているなという気分になれました。バイトの休憩中などの合間にスコアを見ておいて良かったです(笑)

この一年間というか最近、自分が思っている以上のパワーをみんなが発揮している姿をよくみます。そして、はつらつといた姿を見ていると、自分一人のパワーってしょぼいなと思います。自発的に動きやすい環境、失敗を大切にする環境、一人一人が主役になれる環境、誰かのためにがんばれる環境・・・応援団が少しずつ部員一人一人を大切にする環境に変わりつつあるのかなと思います。大切にするってことは決して甘やかすことではなく、一人一人が、応援団の進む道の形成に参加できるような。まだまだ改善するところはたくさんあると思いますが、それでも団員の気持ちの距離が近くなってきていると感じるのは自分だけですかね。

さあ、今週末は連盟祭。団長の最後の勇姿を期待しつつ、自分も合同演奏の成功のために最後まで全力でいきます。常に、良いサプライズを与え続けられる人でありたい。だから指揮やっている時は楽しいのかな。色々仕掛けることができるから・・・

2008年11月 5日 (水)

デザインは言葉の塊

こんばんは、けんです。

学祭も天気に恵まれ、無事に三日間を通すことができました。御来場いただいた皆様本当にありがとうございました。今年は、ピラミッド校舎の取り壊し等の関係で場所が学食前という、少し窮屈な場所ではありましたけど、逆にお客さんと自分達の距離が近いことで、臨場感や迫力というものが伝わりやすかったですし、例年にないそういった感想をいただくことができました。

自分自身も今までの3年間とは違い、魅せること、楽しむこと、お互いに満足できるようにを強く意識してできたのかなと思います。学校の外であのように演奏できるのも最後でしたしね。来年からは、ステージの脇から見守らせていただこうと思います。

さてさて、学祭といえば、我が情宣も精力的に活動しました。自分は西門入ってすぐにあった立て看板と、ステージの前にあったプログラムの立て看板、そしてポスター2枚と、結構作りましたね。自分以外の二人も、ポスターやビラをそれぞれ作ってくれたので、色々な種類を学校に貼って宣伝することができました。自分も今回学祭で、飛躍的にスキルが上がりましたし、作りたいものというのが、専門書などを参考にすることで、技術を効果的に発揮することもできました。むしろ技術を発揮するというか、吸収することの方が多かったですけれどね。今回は立て看板に初めて挑戦したので、圧巻するようなものを作りたかったというのもあって、団長の勇ましさを前面に出せるような立て看板が作れたかなと個人的には思っています。

今回これだけ頑張れたのも、もうポスターを作る機会が少なく、今やるしかないというのもありましたが、学校中が様々なポスターやビラに包まれる中で、どのくらい自分が作ったものが認知されるか挑戦してみたかったというのもありました。せっかく作ったのだから、多くの人に見てもらいたい。そして、このポスターで何かを感じて欲しいわけです。もちろん、第一はリーダー公開見たいなということですが、それ以外にも、泥臭い感じで男の中の男みたいな部分や、今はリーダーだけでなくチアや吹奏もあって、華々しいことはもちろん、もっとキャッチでエンターテイメント性にあふれている部分とか、応援団は堅いという雰囲気を壊すようなものとか・・・言葉で言ったら説得力に欠けてしまうようなことを、見えるもので伝えようとするから、瞬間的に体に感じることができて、言葉では表せないけれども納得してくれるような。そんな力があると思うから作るわけですね。

これはポスターに関わらずと思います。私達の演技だってそういったものなのではないのかなと思います。言葉による説明や事前の情報も必要かと思いますけども、見て感じさせられるような構成や質の高さを提供することで、聴衆に与えるパワーは計り知れないと思いますし。

そのためには、何を伝えたいのか、こういった気持ちになってもらうために何をすればよいのかを考えなければ、ただの発表会にしかなりません。言葉では伝えられないものを伝えるためには、言葉のつなぎ合わせが必要なんですね。そうしなければ、想いが一つになることは難しいと思いますし、自分達の価値観を高めることができないとも思いますし。

あと数ヶ月ですが、言葉にする活動を止めてはいけないみたいです

2008年11月 3日 (月)

最後の学園祭!!!

こんばんは、Nです。

1日目、2日目とあっという間に過ぎてしまい、気が付けば明日(今日?)は今年最後の学園祭です。4年にとっては、この大学生活全てをかけて取り組んできた部活動を多くの方に見てもらえる最後のチャンスです。今書いていて、悲しくなりました・・・。

しかし、このようなリーダー公開を行う時にいつも私は思うのですが、こんなに多くの人が自分達の演技をわざわざ見てくれるというのは、なかなかないことですし、本当に有難いことだと思います。皆様、用事がある中で都合をつけて来てくれるわけですし、今私達が演技を見せる事が出来ているのもOBOG先輩方の支えなどがあってこそです!!

学園祭初日は皆緊張していたり、いつもと違う場所と言う事もあり、ざわついたまま、始まり、終わった印象が強かったです。そして、本日2日目は慣れもあり、昨日の雪辱を晴らそうと”全員全力”の印象の方が強かったです。要は気持ちだと思います。見せたいという気持ちが強ければ、強いほど、真剣にかつ楽しく取り組む事が出来ると思いますし、見て下さる方、支えてくださる方に感謝の気持ちがあるならば、最高の演技で返す事が私達のやるべき事だと思います。

1日目、2日目の演技の後に沢山の方から「よかったよ」「感動した」「すごいね」「勇気付けられた」などといった言葉を頂きました。自分達のパフォーマンスでここまで言って貰えるなんて、私は本当に嬉しい事だと思います。

明日はとうとう最終日です。楽しむ事はもちろんですが、今までやってきた最高のものをお届けできるよう応援団員97人全員全力で頑張っていきましょう!!

そして幹部の皆は、自分達の演技がこんなに身近な距離で応援してもらい、見てもらえる本当に最後のチャンスです。この大学生活思い残す事のないように、張り切ってやりきってきましょう!!

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »