無料ブログはココログ

« 失敗→成功サイクル | トップページ | 応援団行事のすすめ »

2008年9月23日 (火)

サプライズ

こんばんは、けんです。

授業も先週から始まり、学生生活も残り少なくなってきました。今日は大学の親友と、数ヶ月ぶりに会えてうれしかったです。4年生にもなると、授業もあまりとらないので会うきっかけがなくなってしまいますからね。ちゃんと週1回は一緒に昼ご飯を食べようということになりました。女の子みたいですね(笑)

そんなこんなで卒業が迫っている一方で、先日学習院大学・同女子短期大学(当時)卒業40周年記念同窓会のパーティーが都内ホテルでありまして、我が応援団はサプライズゲストとしてチアの演技、応援歌メドレー、院歌そしてエールをさせていただきました。満員の会場の中で院歌を演奏し、みなさんが歌っている姿は(それもみんな覚えていらっしゃる)、自分学習院入って良かったなあと4年目にしてつくづく実感しました。また、このサプライズ企画を提案したのが、寬仁親王ということを、パーティーの後のレセプションでうかがいまして、私自身もサプライズでした。

そして、もう一つやっぱりリーダーは人気があるなということ。当時がリーダーの全盛期だったのでしょう。院歌での団長の押忍に対して、多くの卒業生が押忍と返されていました。40年間伝統を守り変わらないものがあるからこそ、卒業生は戻ってこれるし、戻ってきた時に新しく進化しているものがあるから、感動を覚えるのかなと思います。(こういった話を当日されていました。)応援団はそういった意味では典型的なのでしょう。私たちと卒業生には40年の壁があったにも関わらず、まったくそれを感じさせなかったのは、お互いに共通する大切なものがあったからかなと思います。Denkaparty

40年前も今も学生の本質って変わらないのでしょうかね。学んで遊んで、とにかくやってみるみたいな・・・。そして、私も40年経った時にあのように友と笑って思い出話がしたいなあと思いました。まずは元気に生きることからですね。

そんなことを思っていたら、つい先日高校のクラスの同窓会がありまして、担任でもあり部活の顧問でもあった先生や、卒業後海外に行き先日一時帰国した友達などと杯をかわしました。高校を卒業して3年。こうして集える仲間いることは、大きな財産だなあと思います。なにより、今の自分はどうであろうと、昔の自分に戻れて会話ができることは、居心地が良かった高校時代の自分に戻れてリラックスできましたので。(もちろん大学も居心地いいですけどね)今何をしているのも大切ですけど、今何をしていても「お前らしいな」という言葉で笑える関係があるということが、仲間なのかなと思います。

そういえば、今日久しぶりに会った親友に「お前らしいな」って言ったなあ。

多分10年後も同じ言葉を言っているのでしょう

« 失敗→成功サイクル | トップページ | 応援団行事のすすめ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1020380/23945652

この記事へのトラックバック一覧です: サプライズ:

« 失敗→成功サイクル | トップページ | 応援団行事のすすめ »