無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

コンスタントに書こう

こんばんわ。けんです。

ちょいちょい更新しますね。後輩に叱咤激励を受けましたので、早速書きますね。

きょうは、11時から5限が始まるまでずっとパソコン室にこもってました。リーダー部のポスターを作るのと、新入生歓迎式でちょっと情宣的なことをしたいと思っていましてその準備を。

ポスター作るのは慣れてきて、写真をどう加工するかで時間の大小が変わる感じです。ただの集合写真をどうしたらかっこよくみえるようにするか、なにげない応援風景をどうしたら臨場感を出せるか、試行錯誤です。本も借りて読んではいるんですけどね。やってみてわかることはたくさんあります。

あと最近の悩みは、とうとう学校のパソコンに保存できる容量もなくなり、USBメモリもごくわずかしかのこっておらず、今はデジカメ用で買ったSDカードを使っています。ただ使う時に別にリーダー(アクセント注意)が必要になるので、ちょっと面倒臭いのです。なので新しいUSBメモリが欲しいですね。ポスターをB1サイズで作ると多いと200MB近く使ってしまうので節約しないとですね・・・。

まあそんなこんなで日々成長と脱皮を繰り返して行きたいですね。

2008年5月27日 (火)

ブレスコントロール

こんばんわ。けんです。

ブログを書き始めて2ヶ月。個人的には就職活動の中始めて、新歓もやりつつどうにか細々と今は書いているといった感じですけど、なかなか恒常化するのが難しいですね。日記を書く人が好きな人もいれば三日坊主の人もいると思いますが、私は後者ですね。一応続いているだけマシなのかもしれませんが。多めに見てください・・・。

ところで、先日の日曜日にチアの大会前の発表会を見に行ってきました。大会を目前に控えた、大学や一般を含めた約7団体くらいのチアリーディングチームの発表会ということもあって、会場は当日の蒸し暑さも手伝って、かなりあつかったです(いろんな意味をこめて)

わが学習院は最後から3番目に登場。前半は勢いに乗った演技で、大きな拍手がおきてました。途中少し崩れてしまったところもありましたが、若さあふれる演技だったと思います。本番まで残りわずかですが、ケガのないようにがんばってください!

そんな中、最後に演技したのが社会人チームだったのですが、ずっと口があいた状態っていうのはこうゆう時に出るのですね。技の難易度も高いと思いますが、息がピターっとあっていて、自然と拍手をしてしまいました。

息を合わせることは、吹奏楽でもリーダーでもつねに課題としてあげられることです。

例えば60人で演奏するときに誰か一人でもテンポが変わるところで指揮を見ていなかったら、当然ずれるわけですね。一方で二人で同じメロディーを吹くときも、相手の音や息を吸うタイミングなどを考えてなければ、どんなにうまくても合わないわけですね。

逆に息が合った場合、音でいえば単純に2倍の音が出るわけではなく、もっと広がる豊かな音がでますし、お客に対して強い感動を与えると思います。

この息を合わせるということは、すなわち相手のことを思いやる気持ちが必要になってくると思います。

何も考えないで吹いていてももし合ってたとしたら、それは相手が自分のことを相当思いやって吹いているということです。リーダーもチアも吹奏もチームで行うもの。それぞれの動きをリンクさせるものが、息を合わせること。表現するために積んできた努力と、相手を思いやる気持ち。どちらも欠けたら良い演舞はできないのだと思います。

当たり前といえば当たり前。

ただ緊張していたり、興奮してしまうと、我に返れなくなる人がいるもの。

常に仲間と息をそろえることを常に意識いてれば、本番も仲間と一緒にいることを思い出せるこもしれないし、思い出したら、落ち着いて演技できるかもしれません。

息を合わせるってことは結構難しいこと。

だから合ったときの与える感動が凄いわけです。

2008年5月22日 (木)

きっかけ

こんばんわ。けんです。

また風邪をひいてしました。風邪というのか、背中がこって首の周りが重いんですね。そして咳と若干鼻水・・・。生活が不規則なんですよね、要は・・・。大学四年生はみなさん朝は遅いのでしょうか?二度寝してしまうのは私だけでしょうか。

自分に甘えているのですかね。最近体調崩すというか、先月も風邪ひいてましたので・・・。

まだ私が元気だった一昨日と昨日、献血が学校でありました。応援団は呼びかけをしたのですが、一応受け付け人数は目標に達することができました。ただ、受付してさて血を抜いてもらおうと思っていても、血管が細かったり血の濃度が基準に達していないと献血はできないみたいで、特に女性の方で出来なかった方が多かったみたいです。

自分は・・・躊躇することもなく400ミリリットルを要求されました。いずれ、誰かからいただくかもしれないので、できるうちにやっておこうといった具合です。

自分もですが、献血とかボランティアみたいなのって、周りに一緒にやってくれたりする人がいると、やろうってなりますね。

私はビビリなので、献血した団員に「痛かった?」と連呼していました。痛みは感じる間もなく血を抜かれていましたけど。それより終わった後、平気そうにみえて体は敏感なのでしょうか?風邪をひいたのは献血のせいではなくソファーで寝てた自分が悪いとわかっていますが・・・。あまり無理をしないようにというのは確かみたいで、これからは気をつけようと思いました。

学内献血、私はもう3年近くお手伝いしていますが、年々増えている気がします。いいことです。献血のようにちょっとした行動が、裏では何かを左右することだったりもするし、またそうではなく何てことはなく終わったとしても、それに恩恵を受けた人の気持ちに大小はないのかと思います。

確かに物事には大小あるし、自分が目指しているものであったり、大切なものはあると思います。ただ、自分が重きをおいてなくても、周りの誰かはすごくそのことに情熱を燃やしてきたのかもしれない。自分が重きをおいていないがために出てしまった軽率な発言や行動が、誰かを傷つけてしまっているのかもしれない。そう思うと、自分の価値観として大小はあるにしても、それが当たり前のような考えは自分にとっても相手にとってもデメリットかなと。

当たり前といえば当たり前なのですが、意外とそれって簡単にできるものではないとも思うのです。要は相手の気持ちを理解することが必要であると思うのですが、確かに友人関係であれば、相手のこともよく知っているし、相手を理解しようとする姿勢もあると思います。

問題は、組織の中に入った時、物事をこなすように、与えられたことを咀嚼することなく流れ作業のようにやっていくとしたら、それをカバーするのは報酬しかないのかもしれません。部活のように同じ目的を持った集団なのだから、こなすといった考えは組織にも個人にもメリットがないと思いますし、もし誰もやりたくないみたいになったらやらなければいいと思いますし(ちゃんとした説明は必要だと思いますが)、やることが伝統だ義務だとして何かのせいにしようとしていたら(やることが伝統ということもありますが)、結局部活にいること自体がこなすことになってしまっているのでしょうね。

そうはなりたくないし、そうしてはいけない。

私自身、部活の礼儀や伝統はある程度、時代みたいなのも反映して、みんなで作っていけばいいと思っていますが、考えることだけは時代が変わっても考え続けなくてはいけないし、ましてや応援団として、組織が大きいからといって考えることをやめてしまうことは、組織においての自分の存在がないに等しいかと思います。

私たち幹部は考えた結論を表していかなければいけないですね。

献血活動を通して、考えることの大切さを実感。ちょっとしたことをどうやって自分のものさしでみるか・・・ですね。

2008年5月14日 (水)

運動不足=足をつる伝統

こんばんわ、けんです。

最近めっきり寒いですね。あんまり良くないって聞きますけど、靴下はいて寝てます。足冷えるんですよ脂肪が多くて・・・。こないだは寝ている時に足をつりました。私は足つるとき、寝ていてちょっとのびをしたときに、つるカウントダウンが始まって数秒後に悲劇がまっているのですが、こないだは速攻きました。なので、かなり痛かった・・・。要は運動不足。わかっているんです。野球したいですね。

チアの人って寝ている時に足つるのかなあ。ふと疑問に思いました。

吹奏楽部は相変わらず運動不足ぎみな人が多いです。(特に同期)

しかし、木曜日に新入生と交流を深める「春レク」があるので、走り回れそうです。なんたってドロケイとかするみたいなので・・・。レク係と盛り上げ役の2年生に期待しましょう。

さてさて、情宣的な話ですが、応援依頼のポスターが出来ました。出来たといってもまだ大判で印刷はしていないのですが、今回も各部バージョンもあるのですが、応援団バージョンとしては、各部のいい写真をまとめた感じですかね。ただ写真が暗かったりして、写真の加工を手探りでやってみました。コントラストと白と黒をはっきりさせるのを意識しながらも、暗いところを明るくすると白っぽくなってしまうので、様々な機能を使っては却下してどうにか完成。2時すぎから始めたのにあっという間に6時前でした・・。

試合は一瞬一瞬ドラマがありますが、応援も一瞬一瞬ドラマがあります。

応援団の応援は儀礼的なことも数多くあります。ただ大学のスポーツは特に伝統を大切にします。それは、母校の名誉をかけているからだと思います。そして伝統を守るために、あえて新しいことをやる姿勢も大切かなと。これって矛盾しているのかもしれないけど、新しくやることが後々の伝統になっていくとも思います。

応援に限らず、伝統という言葉で過去のことが肯定も否定もされない当たり前のことのように思われる時があります。でもその行為は当時の伝統を覆すことだったかもしれないわけですよね。

そう思うと、今の自分の行動が評価されれば伝統になっていくかもしれないわけで。ただ何年かした時に、自分が大切にしていたことと、未来の後輩が大切にすることが違うならば、きっと私の考えは合わなくなってしまうのでしょう。

伝統は守るためにあるとか、皮肉って壊すためにあるとか言われますが、何が故で伝統になったのか、今一度考える必要があるみたいですね。それが自分たちにとって必要と思えば続ければいいと思いますし。ただ伝統の中にも守り続けることが伝統というものもあります。それは組織の理念みたいなところなのかな、1年くらいでは変えられない、色々な色が混じった絵の具のような。

うーん難しいですね。

ただこういったことを考えることで、組織に参加はするけど依存しないで、常に問題意識が持てるかなとも思います。

伝統・・・私はそんなに嫌いではないですよ。それに、みんな何かの伝統を背負って生きていると思います。そんな私もきっとそうなのでしょう。

だからドラマがあるのでしょう。

2008年5月11日 (日)

情宣への道

こんばんわ。けんです。

最近サボりがちですみませんでした。最近気持ちが不安定だったもので・・・。頻繁に更新したいですが、それが難しかったら定期的に安定した更新が必要ですね。

今日、久しぶりに情宣のみんな(うち含め3人)に会いました。3人で会うのは最近なかったので、まったり近況報告をしつつ、次の仕事である応援依頼のポスターの打ち合わせ(って言えるほどでもないです)をしました。

私は新歓のポスターでアイディア不足に陥り、また電車の中や街の中で様々なポスターをみています。なかなかアイディアって出るものではないですね。なんたって今まで見たり感じたりしたものの蓄積から、自分なりのアレンジをした新しいモノが生まれるわけですから、今まであまり意識していなかった写真の編集とか構成とかもっとみなくちゃですね。

まだまだ勉強中。。。

今年は色々なことに挑戦しようと思っているのに、いざやろうと思うと何からてをつけていいのやら・・・やりたいこと、やらなくてはいけないこと、しっかり順序をつけてやらなくちゃですね。

2008年5月 2日 (金)

おめでたい夜に

こんばんわ。けんです。

5月に入ったので、デザインを変えてみました。モダンな街並みですね。

最近飲んでばかりいる私です。よくないよくない・・・でもみんなと楽しく会話をしたり、時には、真面目に語るのも大切かなと思っています。あとは頻度の問題。少し、就活が落ち着いて、ちょっと余裕が出てくると、御褒美あげたくなってしまう・・・。自分に甘いですね。

さて、今日の部活後は3年生と、定期演奏会や今の部活の練習について結構熱く話しました。

特に定期演奏会は、3年生が中心となって進める1年間の総仕上げといっても過言ではありません。3年生の話し合った結果を聞いたのですが、3年生と過ごした中で、一番想いみたいのを感じ取れることができたと個人的には思っています。

ただ、私たち4年生も最後の演奏会。去年以上によいものを作りたいという思いは3年生と同じくらいあります。去年感じたこと、お客様に喜んでもらうことが良い演奏会ということを柱に、こちらの思いも伝えました。結論にはいたらなかったですが、今お互いに演奏会の主旨について統一であったり、考えを深めていくことは決して無駄なことではないと思うので、これを機に部活全体で演奏会のイメージを深めたいと思いました。

あとは、イメージを具現化するためのアイディアと、理想に導くために思いを伝えることだと思います。

やっぱり気持ちを伝えることって大切だなって思います。確かに理想と現実は違うとか、ロジスティックとか色々あると思うけど、最後は情熱だったりするのですかね。だけど情熱を持っていても、周囲に影響を与え巻き込むためには、伝えなくてはいけないとも思います。伝え方はたくさんあります。伝える=しゃべるだけではなく、態度・行動で示すこともできます。

とにかく、何かみせてほしい。その想いをといった感じでしょうか。

今度は私が返す番です。私はそれまでに、想いを受け止め、想いに自分の想いも重ねて返せるようにならなくちゃですね。

物事を決める時は最初が肝心。それで決まって始まったらもとには戻れませんからね。

だから今はもめることを正しいものとして、決まったら全員で責任をとる。

演奏会はみんなのもの。私も動き出します。どうやって?それは寝てから考えます。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »